2020/01/14 16:36 ウェザーニュース

■ 天気のポイント ■

・関東の雨は朝までで日差し戻る
・西日本は太平洋側で青空
・東北は内陸部で大雪注意


明日15日(水)は低気圧が東に離れ、冬型の気圧配置に変わってきます。西日本の太平洋側は青空が広がり、関東の雨も朝までとなる見込みです。東北は低気圧の影響で雪が降りやすく、内陸部は大雪のおそれがあります。

関東の雨は朝までで日差し戻る

東京など関東は、低気圧の影響で朝の通勤・通学時間帯は傘が必要です。

午後にかけて天気は回復し、だんだんと日差しが戻ってきます。

気温は今日ほどは上がらず、少し寒くなりそうです。

西日本は太平洋側で青空

西日本は一時的に冬型の気圧配置となるため、太平洋側は青空の広がる所が多くなります。空気は冷たいものの、日差しには温もりを感じられそうです。

山陰など日本海側は雨が降ったり止んだりで、傘が手放せない一日になります。

東北は内陸部で大雪注意

東北は南部で昼過ぎまで、北部は一日を通して雪が降りやすく、内陸部では湿った雪の積もる所が多くなります。

太平洋側でも路面状況が悪くなるため、移動の際はご注意ください。

昼間も気温は上がらず、寒い一日です。