2020/01/24 17:09 ウェザーニュース

■ 天気のポイント ■

・西日本は雨の範囲が拡大
・東日本は長雨前の日差しの活用を
・北海道は突然強まる雪に注意


24日(金)は、西日本や東日本に雨を降らせている低気圧が東海上に離れ、前線は南に下がります。西日本から東日本ではスッキリしない天気ながらも、3月並の気温で、寒中としてはそれほど寒さはありません。一方、北日本は冬型の気圧配置となって、日本海側では強い雪や雨が降る所があります。

西日本は雨の範囲が拡大

明日25日(土)は本州南岸の前線が北上し、西日本では西から雨の範囲が広がります。

九州や中四国西部では雨が降っていなくても傘を持ってお出かけください。季節外れの暖かさだった24日(金)から一転、冷たい雨でヒンヤリと感じられます。体感の変化で体調を崩さないようにしてください。

東日本は長雨前の日差しの活用を

近畿から関東では徐々に雲が広がるものの、日差しが届く時間帯もありそうです。

東北太平洋側は穏やかな晴天となります。

東京など西日本や東日本の太平洋側では26日(日)以降、雨が続く見込みです。貴重な日差しを有効に活用してください。

北海道は突然強まる雪に注意

北日本の周辺は冬型の気圧配置になり、北海道の日本海側では雪が降ったり止んだり。一時的にドカドカと雪が強く降り、短時間で積雪が増すおそれもあります。

上空の強い寒気の影響で昼間でも真冬らしい極寒となるため、最大限の防寒が欠かせません。