2020/02/04 16:38 ウェザーニュース

■ 天気のポイント ■

・北陸から北は大雪、吹雪に警戒
・太平洋側は変わりやすい天気
・関東や静岡は花粉にご用心


明日5日(水)は北日本を低気圧が通過し、午後は冬型の気圧配置に変わってきます。上空には今季一番の強い寒気が流れ込んで、北陸から北の日本海側では大雪のおそれがあります。風も強く、吹雪で見通しが悪くなることもあります。日差しが届く太平洋側でも所々で雨や雪が降り、風も冷たく、寒くなります。

北陸から北は大雪、吹雪に警戒

北陸から北は雪が降って吹雪くことがあり、近畿北部や山陰でも雨からだんだん雪に変わってきます。
山沿いを中心に大雪となり、落雷やあられ、突風を伴う所もあって、荒れた天気となる予想です。
西日本では今シーズン初めての積雪になる所もありますので雪への備えをしっかり行いましょう。

また、前日までと比べて気温が下がる所が多く、風も強く吹いて寒くなります。
特に、東北北部や北海道は真冬日となる所が多く、昼でも凍てつく寒さになりそうです。

太平洋側は変わりやすい天気

東海から西の太平洋側はにわか雨の可能性もあって、変わりやすい天気です。
北日本の太平洋側では雪が降って、積もる所があります。

東京や静岡は花粉にご用心

東京など関東や静岡では晴れて日中15℃くらいまで上がり、寒さは控えめとなります。
ここ数日の日差しの暖かさで花粉が飛び始める可能性がありますので、敏感な方は対策をしておくと安心です。

また、明後日6日(木)からは冬らしい寒さが戻るので、暖かな日はしばらくお預けとなりそうです。