2020/05/17 16:50 ウェザーニュース

■ 天気のポイント ■

・九州は大雨に厳重警戒
・沖縄や西日本の太平洋側も強雨に注意
・関東の天気は下り坂


明日18日(月)は本州の南岸に停滞していた前線が北上、黄海からは別の低気圧前線が西日本に接近します。

西から雨のエリアが拡大し、九州は南部を中心に大雨に見舞われるおそれがあります。

九州は大雨に厳重警戒

前線の北上と、また別の低気圧・前線が接近する影響で、九州は東シナ海側を中心に発達した雨雲が流れ込む予想で、大雨になるおそれがあります。

九州南部はすでに16日(土)の大雨によって地中に大量の水分が含まれています。

道路冠水や河川氾濫に加えて土砂災害の発生に厳重な警戒が必要です。

沖縄や西日本の太平洋側も強雨に注意

前線の北上に伴って、雨の範囲は次第に東に拡大し、午後は西日本の広範囲で本降りの雨になります。

西日本太平洋側では一時的に激しく降る雨に警戒が必要です。

また、台風1号から変わった熱帯低気圧が接近する沖縄などでも、短時間激しい雨が降るおそれがあります。

関東の天気は下り坂

関東や東北太平洋側は、湿った東風の影響で低い雲が広がりスッキリしない空となり、ニワカ雨の可能性があります。

やむを得ず外出する場合は折りたたみ傘を忘れずにお持ちください。

なお、最高気温は20℃台前半で、半袖では少し肌寒く感じられそうです。