2020/05/18 05:19 ウェザーニュース

■ 天気のポイント ■

・九州は大雨、土砂災害に厳重警戒
・沖縄や西日本の太平洋側も強雨に注意
・関東は曇りでにわか雨も


週明けの今日18日(月)は本州の南岸に停滞していた前線が北上し、西からは別の低気圧や前線が西日本に接近します。雨のエリアがだんだんと東へ拡大する見込みです。

九州では発達した雨雲が長い時間かかり続ける予想で、南部を中心に大雨に厳重な警戒が必要です。

九州は大雨・土砂災害に厳重警戒

九州は東シナ海側を中心に発達した雨雲が流れ込み、激しい雨が予想されています。
多いところでは明日19日(火)までの24時間で150mm、局地的には200mm近い大雨になる予想です。

熊本県・宮崎県・鹿児島県の一部では、16日(土)の大雨によって、既に地中に大量の水分が含まれて、地盤が緩くなっているところがあります。道路冠水や河川氾濫に加えて、土砂災害の発生に厳重な警戒が必要です。

沖縄や西日本の太平洋側も強雨に注意

前線の北上に伴って雨の範囲は次第に東に拡大して、午後は西日本の広範囲で本降りの雨になります。西日本太平洋側では一時的に激しい雨に警戒が必要です。

台風1号から変わった熱帯低気圧が接近する沖縄でも、短時間に激しい雨が降るおそれがあります。

関東は曇りでにわか雨も

関東や東北太平洋側では、湿った東風の影響で低い雲が広がりスッキリしない天気です。一日を通してにわか雨の可能性があります。折りたたみ傘をお持ちください。

最高気温は20℃を少し超えるくらいで、汗ばむ陽気となった昨日とは違い、半袖では少し肌寒く感じられそうです。