2020/06/05 05:43 ウェザーニュース

今日6月5日(金)は、西日本や東日本を中心に晴れるところが多く、強い日差しで気温がかなり高くなる予想です。大阪や名古屋で最高気温が30℃以上の真夏日の予想となっているほか、東海や九州の内陸では猛暑日に迫る所もありそうです。

■ 天気のポイント ■

・関東以西は晴れて高温注意
・北日本は急な雨や落雷の可能性
・沖縄は曇って蒸し暑く

関東以西は晴れて高温注意

梅雨前線が南に離れるため、西日本や東日本では晴れるところが多くなります。

強い日差しによって午前中から気温は上昇し、大阪や名古屋をはじめ各地で30℃以上の真夏日の所が多くなる見込みです。東京もそれに迫る最高気温29℃の予想です。

岐阜、同じく岐阜県の多治見、大分県の日田などでは予想最高気温が34℃となっていて、猛暑日に迫るほどです。これまで以上に暑さ・熱中症対策をしっかりと行ってください。

午後は山沿いを中心に急な雨の可能性があるため、空模様の変化にもご注意ください。

北日本は急な雨や落雷の可能性

上空に寒気を伴った低気圧が通過する影響で、北日本は曇りや晴れのところが多く、所々で雨が降ります。

北海道では断続的に雨が降り、雷を伴う所がある見込みです。東北は晴れていても急に雨の降ることがあるので、天気の急変に注意が必要です。

沖縄は曇って蒸し暑く

沖縄では梅雨前線が南下して近づくため、雲が広がりやすくなります。ただ、雨は降っても一時的とみています。

引き続き夏の蒸し暑い空気に覆われるため、雲が増えても暑さは続き、蒸し暑さはかえって増すかもしれません。