2020/07/15 05:55 ウェザーニュース

■ 天気のポイント ■

・梅雨空 大雨にならずとも油断禁物
・北陸や東北で強雨、大雨のおそれ
・南西諸島は雨でも気温高め


今日15日(水)は、梅雨前線や低気圧の影響で、九州から東北の広い地域で梅雨らしい空となります。
特に、北陸や東北では、上空に寒気を伴った低気圧の影響で短時間強雨や大雨となるおそれがあります。

梅雨空 大雨にならずとも油断禁物

梅雨前線は南の海上に下がるものの、引き続き関東から九州では雨や曇りの梅雨空です。

これまでのような激しい雨や大雨にはならないものの、雨で地盤が緩んでいるところもありますので、急斜面など危ないところには近づかないようにしてください。
また、大きい河川では下流で降っていなくても、上流で大雨が降ったあとに時間を置いて水位が上昇することがあるため、油断できません。

北陸や東北で短時間強雨、大雨のおそれ

上空に寒気を伴った低気圧が北陸から東北南部へと進みます。このため、特に朝晩は雷を伴って雨が強く降る所があり、大雨のおそれもあります。

沿岸部では風も強く吹いて、傘をさしても濡れてしまいそうです。大きめの傘やレインコート、レインブーツなどで雨風対策をすると安心です。

南西諸島は雨でも気温高め

熱帯低気圧から湿った空気が流れ込むため、雨が降りやすく、ザッと強く降ることもあります。

雨が降っても一日を通して30℃前後と気温は高めで、昼間は35℃近くまで上がるところもあり、かなり蒸し暑くなりそうです。
熱中症対策を万全にしてお過ごしください。