2020/11/28 06:02 ウェザーニュース

今日11月28日(土)は冬型の気圧配置となり、関東以西の太平洋側では晴れますが、北日本や日本海側の各地では雲に覆われ雨や雪が降ります。今朝は岩手県などでこの冬初めての本格的な雪となっていますので、積雪や路面凍結に注意してください。

■ 天気のポイント ■

・関東は天気回復 気温上がるが風冷たい
・東北北部は本格的な雪 盛岡でも積雪
・北陸や山陰も雨 近畿や瀬戸内も注意

関東は天気回復 気温上がるが風冷たい

関東は天気が回復して朝から晴れている所が多くなっています。昼間はしっかりと日差しが届いて、昨日より気温が上がる見込みです。

東海や四国、九州なども引き続き晴れるところが多い予想です。

ただ、北西からの季節風が吹くため屋外にいると寒く感じそうです。夕方以降は各地とも昨日以上に冷え込む予想。一日の中での気温差が大きくなるのでご注意ください。

東北北部は本格的な雪 盛岡でも積雪

東北南部付近を通過中の低気圧の影響で、東北北部では雪の降っているところが多くなっています。岩手県の市街地などではこの冬初めての本格的な雪となっていて、盛岡地方気象台では今季初の積雪を観測しました(速報値)。路面状況に注意が必要です。

低気圧が三陸沖へ離れるにつれて、太平洋側では午後は雪がやむ予想です。今夜から明日朝にかけては路面凍結等にもご注意ください。

北陸や山陰も雨 近畿や瀬戸内も注意

西高東低の冬型の気圧配置となるため、東北地方の日本海側や北陸、山陰では小さな雨雲が多数通過する「時雨(しぐれ)」の一日となります。活発な雨雲が通過すると、雷やあられを伴うことがあります。

また、山陰沖にはJPCZといわれる雨雲の帯が形成されていて、一部の雨雲が関西や瀬戸内にも流れ込む可能性があるため、にわか雨の可能性があります。外出時は折りたたみの傘などがあると安心です。