2021/01/16 05:37 ウェザーニュース

■ 天気のポイント ■

・北日本は荒天に注意
・日本海側は広い範囲で雨
・関東は季節外れの陽気


今日16日(土)は、前線を伴った低気圧が発達しながら北海道付近を通過します。
低気圧や前線の影響で、北日本から北陸、山陰にかけて雨や雪が降り、風も強く荒天となるおそれがあります。一方、関東以西の太平洋側は日差しが届いて気温が上がりそうです。

北日本は荒天に注意

北海道や東北は雨や雪が降りやすく、沿岸部を中心に風も吹き荒れる予想で、北海道ではすでに一部でふぶいています。
荒天となって鉄道などの遅れが発生する可能性がありますので、共通テストの受験生などは最新の情報を確認しつつ、時間に余裕を持った行動をするようにしてください。
降りはじめは雨や湿った雪になるため、路面状況の悪化にも十分な注意が必要です。

日本海側は広い範囲で雨

北陸から山陰にかけての日本海側は雨が降りやすくなります。西日本の日本海側は朝のうち、雨の時間は短いものの雷を伴ってザッと強く降るところがある予想です。
北陸は断続的に雨で、傘が手放せません。雪が多く残っている地域では、路面状況の悪化や屋根からの落雪、山沿いでの雪崩などに注意をしてください。

関東は季節外れの陽気

前線の影響が小さい関東以西の太平洋側は、晴れるところが多くなります。南から暖かな空気が流れ込むため気温が上がり、春を思わせる陽気です。
特に関東は昨日に比べて大幅に気温が上がり、最高気温が20℃に迫る予想となっています。昼間は上着なしでも外に出られるくらいです。