2021/02/05 05:32 ウェザーニュース

■ 天気のポイント ■

・関東、東海、西日本は穏やかな晴天
・北日本は雪や雨 路面状況に注意
・東、西日本は暖か 北日本は寒さ続く


今日5日(金)は、移動性高気圧に覆われて、関東や東海、西日本は晴れるところが多くなります。ただ、次の前線が接近し、九州では夜遅くからは雨が降り出す見込みです。

北日本では寒気などの影響で、日本海側は雪や雨が降りやすくなります。東北の沿岸では次第に寒気が緩んで雪から雨に変わるので、路面状況の悪化が心配です。

関東、東海、西日本は穏やかな晴天

関東や東海、西日本は移動性高気圧に覆われて、晴れるところが多い見込みです。昼間は日差しが心地よい穏やか陽気です。

ただ、前線が近づくため午後は西から雲が多くなり、夜遅くからは九州で雨が降り出す予想です。帰宅が遅くなる場合は、傘をお持ちください。

北日本は雪や雨 路面状況に注意

午前中は寒気の流れ込みにより、日本海側を中心に雪が降ります。寒気はだんだんと弱まるため、強い雪や吹雪は落ち着いていく見込みです。
比較的暖かく湿った空気が流れ込んでくるので、東北の沿岸は雨に変わります。路面状況の悪化に注意が必要です。

太平洋側では朝晩中心に、雪や雨が降ることがあります。

東、西日本は暖か 北日本は寒さ続く

朝は各地で冷え込むものの、東日本から西日本で、昼間は気温が上がります。春の気配を感じられそうです。
太平洋側や九州では花粉がやや多く飛び始めるエリアが拡大する可能性もあるので、花粉症の方は対策をしてお過ごしください。

北日本は気温があまり上がらず、北海道は真冬日が続くところがほとんどとなります。万全な防寒でお過ごしください。