2021/02/11 16:28 ウェザーニュース

明日12日(金)は、北日本から東日本にかけては高気圧に覆われ、晴れる所が多くなります。日本海側でも日差しが届く見込みです。西日本は低気圧や前線の影響で雲が広がり、太平洋側は雨の降る所があります。

■ 天気のポイント ■

・関東は穏やかな晴天
・北陸や北日本は日本海側も日差し
・西日本は雲が増え雨の降る所も


関東は穏やかな晴天

関東は高気圧に覆われて晴れる所が多くなります。今日11日(木)に比べると風が弱まり穏やかな晴天です。午後になると少し雲が増えてくるものの大きな崩れはなく、日差しがしっかりと届きます。気温は同じくらいでも、冷たい風が収まる分だけ日差しの暖かさを感じられそうです。

北陸や北日本は日本海側も日差し

冬型の気圧配置が弱まり、日本海側の天気も回復。晴れて気温が上がる予想です。雪解けが進みますので、雪が多く残っている所では、路面の状況が悪化したり、屋根からの落雪の危険性がありますので、お気をつけください。
翌日は再び雲が増えていますので、日差しを有効に活用しましょう。

西日本は雲が増え雨の降る所も

低気圧や前線の影響で雲の多い天気となります。九州の南部など太平洋側の一部は雲が厚く、雨の降る所がありますので、外出時は傘があると安心です。低気圧の動きが遅いため、それほど雨の範囲が広がることはなさそうです。気温は高めで春の陽気が続きます。