2021/03/23 05:32 ウェザーニュース

■ 天気のポイント ■

・広範囲で晴天に 花粉の飛散に注意
・日本海側は段々と天気回復
・朝冷え込んでも昼間は春の陽気



今日23日(火)は、移動性高気圧に覆われて晴れるところが多くなります。

朝は冷え込んでいますが、昼間は日差しが届き、春本番の暖かさが戻る見込みです。

広範囲で晴天に 花粉の飛散に注意

移動性高気圧に覆われるため、全国的に晴れるところが多くなります。洗濯物もよく乾きそうです。ただ、空気が乾燥するため、火の取り扱いにはご注意ください。

また、花粉は気温が高い日や乾燥している日、雨上がりの日などに特に飛散量が多くなります。東日本、西日本ではヒノキ花粉がだんだんと増えてきています。東北ではスギ花粉の飛散がピークです。花粉症の方はしっかりと対策をしてお過ごしください。

日本海側は段々と天気回復

寒気の影響が残る北陸から北海道の日本海側にかけては、雨や雪の降ることがあります。ただ、東北や北陸では、段々と高気圧に覆われて日差しが届く見込みです。

また、沿岸部ではやや強い風が吹くことがあります。

朝冷え込んでも昼間は春の陽気

放射冷却現象により、朝は全国的に冷え込んでいます。内陸では氷点下のところが多く、東京も5時30分までに観測した最低気温は5.3℃と寒さを感じる朝となりました。

ただ、昼間は暖かい空気が流れ込んで、春本番の暖かさが戻ります。一日の寒暖差が大きくなるため、服装で上手に体感温度を調節してください。