2021/04/02 05:19 ウェザーニュース

■ 天気のポイント ■

・関東から北日本は穏やかな春の陽気
・西日本は太平洋側でにわか雨
・沖縄や奄美は局地的な強い雨に注意



今日2日(金)は北日本に中心をもつ高気圧が日本列島を広く覆い、西日本や東日本では最高気温が20℃を超えるところが多くなります。

湿った空気の影響を受けやすい西日本の太平洋側は、にわか雨に注意が必要です。

関東から北日本は穏やかな春の陽気

関東から北陸、北日本にかけては青空の広がるところが多くなります。北海道は午後になると雲が増えますが、大きな天気の崩れはありません。

日差しがたっぷりで昼間は20℃前後まで気温が上がり、穏やかな春の陽気になる見込みです。

西日本は太平洋側でにわか雨

西日本の太平洋側では、高気圧の縁を吹く湿った風の影響で雲が厚く、にわか雨の可能性があります。外出時は折りたたみの傘など雨具をご用意ください。

そのほかの各地も雲が多めながら日差しは届き、気温は20℃を超えるところが多い予想です。

沖縄や奄美は局地的な強い雨に注意

前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込んでいる影響で、早朝には記録的短時間大雨情報が発表されるなど、猛烈な雨が降りました。奄美から沖縄本島にかけては、このあとも雨が降りやすくなります。

局地的に雨雲が発達し、雷を伴って強く降ることがあるので注意が必要です。雲の底が黒くなっていたら雨の強まる兆しなので、注意してください。