2021/04/16 05:14 ウェザーニュース

■ 天気のポイント ■

・西日本は雲が厚く太平洋側から雨
・関東以北は雲が増えても日差し届く
・日本海側はフェーン現象で気温上昇



今日16日(金)は移動性高気圧が中心を東に移し、西から天気が下り坂です。

西日本は次第に雲が厚くなり、湿った空気が流れ込む太平洋側で雨の降り出すところがあります。関東以北も雲が多くなるものの、日差しは届く見込みです。

西日本は雲が厚く太平洋側から雨

西日本や東海は朝から雲が多く、時間とともに雲がだんだんと厚くなっていきます。

九州や四国などは湿った空気の影響を受けやすく、午前中から雨の降り出すところがあります。そのほかの各地もにわか雨がある見込みです。外出の際は雨具をご用意ください。

また、徳島県南部では局地的に雨が強まるおそれがあるので、注意が必要です。

関東以北は雲が増えても日差し届く

関東から北日本にかけては、段々と雲が増えるものの、今日いっぱいは大きな天気の崩れがなく、日差しが届きます。ただ、湿った空気の影響で、夜遅くには関東の山沿いや北海道の太平洋側で弱い雨が降り出す可能性があります。

朝は空気が冷たくても昼間は気温が上がって、過ごしやすい陽気になる見込みです。北日本の沿岸部では段々と風が強まるので、風を通しにくい上着をご準備ください。

日本海側はフェーン現象で気温上昇

南風が山越えとなる山陰から北陸にかけての日本海側は、フェーン現象で気温が上がります。20℃を大きく上回り、日差しの状況によっては25℃近くまで上がる見込みです。

朝から大きく気温が上昇しますので、一日の気温変化にお気をつけください。