2021/04/16 16:39 ウェザーニュース

■ 天気のポイント ■

・低気圧通過 全国的に雨の土曜日
・西・東日本太平洋側は大雨のおそれ
・西日本は黄砂飛来の可能性あり


明日17日(土)は日本海と本州南岸を進む低気圧が本州を通過します。北海道〜南西諸島までほぼ全国的に雨が降って傘が活躍。西・東日本太平洋側では強雨や大雨のおそれがあります。

低気圧通過 全国的に雨の土曜日

明日17日(土)は日本海と本州南岸を進む低気圧が本州を通過します。

北海道〜南西諸島までほぼ全国的に雨が降って傘が活躍します。出かけるときに雨が降っていなくても傘を持ってお出かけください。

西・東日本太平洋側は大雨のおそれ

南から流れ込む暖かい空気の影響で雨雲が発達し、西・東日本の太平洋側では局地的に1時間に30〜40ミリ程度の激しい雨が予想され、雷雨や突風にも注意が必要です。

特に雨の時間が長い紀伊半島南部や静岡県では総雨量が100ミリを超えて、道路冠水や河川用水路の増水が発生する恐れがあります。

関東エリアでも夜遅い時間ほど雨風が強まるので早めの帰宅が安心です。

西日本は黄砂飛来の可能性あり

低気圧が通過して西日本では九州エリアから天気が回復します。ただ、雨が止んでも午後は大陸から黄砂が飛来するおそれがあります。

雨が止んでもスッキリとした青空ではなく、黄砂でやや霞んだ空になりそうです。18日(日)朝までに車のボンネットやベランダにウッスラと黄砂が積もる恐れがあるので注意してください。