2021/04/29 05:56 ウェザーニュース

■ 天気のポイント ■

・悪天候のGW初日 朝から広範囲で雨
・東日本の太平洋側は警報級の大雨のおそれ
・北日本も天気下り坂 明日以降も雨の日多く


昭和の日の今日4月29日(木)は、前線を伴った低気圧が西日本から東日本を進み、広範囲で雨が降ります。東日本の太平洋側を中心に警報級の大雨となるおそれがあるため、道路冠水や河川の増水、土砂災害等に警戒・注意してください。

悪天候のGW初日 朝から広範囲で雨

低気圧や前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込んで、雨雲が発達しています。今日は東北地方から沖縄にかけての広範囲で雨が降り、前線や低気圧の通過時には風も強く吹く予想です。

昭和の日の休日で、ゴールデンウィーク初日という方もいらっしゃるかと思いますが、横殴りの雨で外出にはあいにくの天気となります。道路冠水等にご注意ください。

東日本の太平洋側は警報級の大雨のおそれ

東日本の太平洋側では午後から夜遅くにかけて雨が強まり、東海地方を中心に警報級の大雨となるおそれがあります。

強い雨の時間が長く続くと、多いところでは総雨量が200mm以上となるおそれがあり、河川の増水や土砂災害等に警戒・注意が必要です。落雷や突風にも注意してください。

北日本も天気下り坂 明日以降も雨の日多く

朝は雨の降っていない東北北部や北海道も天気は下り坂です。東北では次第に雨の降る範囲が広がり、北海道もだんだんと雲が広がって夜遅くには雨の降り出す可能性があります。

北日本は明日以降もしばらく天気の悪い日が続くため、買い物などは雨の前に済ませておくと良さそうです。