2021/05/07 15:33 ウェザーニュース

■ 天気のポイント ■

・西日本や東日本はスッキリしない空
・北日本は朝のうち雨や雷雨
・黄砂の飛来に注意


8日(土)は梅雨前線が引き続き本州の南海上に停滞するため、西日本から東日本は太平洋側を中心に雲の多い空模様です。北日本は日本海側で朝のうち雨や雷雨となりますが、日中は天気が回復します。全国各地で黄砂が飛来して、空が霞むところがある見込みです。

西日本や東日本はスッキリしない空

西日本から東日本にかけては引き続き雲の多い空模様です。

ただ、前日のように雨の降ることはなく、多少日差しが届くこともあります。

各地で25℃前後まで気温は上がり、昼間は汗ばむ陽気となります。東京も夏日となる予想です。

北日本は朝のうち雨や雷雨

北日本を前線が通過するため、朝のうちは日本海側で雨が降りやすく、雷を伴うところがあります。

日中は天気が回復して日差しが出てくる見込みです。

黄砂の飛来に注意

全国的に黄砂が飛来しやすくなります。

特に西日本や北海道では車などがうっすら汚れるくらいの黄砂が予想されますので、洗濯物は部屋干しが安心です。

また、喘息などの症状が出やすくなりますので、敏感な方はできるだけ外出を控えると良さそうです。