2021/06/18 05:19 ウェザーニュース

■ 天気のポイント ■

・西日本は次第に雨のエリア拡大
・関東や北日本は日差しの活用を
・沖縄本島は梅雨空、先島は夏空



今日18日(金)は梅雨前線が西から北上し、気圧の谷も近づいてきます。西日本は天気が下り坂で、だんだんと雨の範囲が拡大する見込みです。

関東から北海道にかけては日差しの届くところが多くなります。

西日本は次第に雨のエリア拡大

西日本は天気が下り坂で、九州や中国地方の早いところでは雨が降り出しています。午後にかけて雨の範囲が広がり、帰宅時間帯は各地で傘が必要な雨になる見込みです。

日差しがないため気温は昼間も上がらず、雨が降り出すと少し肌寒いくらいになります。

関東や北日本は日差しの活用を

関東や北日本は雲が多めながらも日差しが届きます。上空の寒気が抜けるため、にわか雨の心配は少なく、洗濯物は外干しできそうです。明日19日(土)は雨が降りやすくなるため、日差しを有効に活用してください。

気温は極端に上がることはないものの、日差しの下では少し暑く感じられます。

沖縄本島は梅雨空、先島は夏空

沖縄は地域によって大きく天気が異なります。

沖縄本島周辺は梅雨前線に近く、断続的に雨の降る梅雨空です。

前線から遠い先島諸島は強い日差しが照りつけて、厳しい暑さが続きます。昼間は33℃を超える所がありますので、熱中症に注意が必要です。