2021/07/01 05:12 ウェザーニュース

■ 天気のポイント ■

・太平洋側は強雨のおそれ
・沖縄も梅雨空続く
・日本海側は梅雨の中休み


7月スタートの今日1日(木)は本州の南岸に停滞していた梅雨前線がゆっくりと北上し、前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込みます。関東や東海は本降りの雨となり、沿岸部では雨が強く降る所もある見込みです。前線から離れている日本海側では晴れて、梅雨の中休みとなります。

太平洋側は強雨のおそれ

太平洋側は梅雨空が広がり、関東や東海は本降りの雨になります。

特に千葉南部や伊豆諸島では局地的に激しい雨が降って風も強く吹く見込みです。大雨になるおそれもあるため、注意が必要です。

また、関東は昼間でも気温が上がらず冷たい雨となります。

沖縄も梅雨空続く

梅雨前線に近い沖縄本島でも雷を伴って激しい雨が降ることがあります。

これまでに雨量が多くなっている所では土砂災害の発生に注意が必要です。

先島諸島では不安定な空で、晴れていても天気が急変するおそれがあります。

日本海側は梅雨の晴れ間

北日本から西日本にかけての日本海側は日差しが届き、昼間は暑くなります。

西日本は明日以降、梅雨空が戻るので昼間の日差しを有効に活用してください。