2021/07/06 05:24 ウェザーニュース

■ 天気のポイント ■

・梅雨空続く 日本海側は強い雨に注意
・静岡県周辺はわずかな雨でも災害警戒
・北海道は強まる雨に注意



今日6日(火)も梅雨前線は本州付近に停滞します。西日本から東日本にかけては梅雨空で、日本海側では雨が強まることがあります。

先日の大雨で土石流被害があった静岡県でも雨の降るおそれがあり、新たな災害の発生に警戒が必要です。

梅雨空続く 日本海側は強い雨に注意

西日本から東日本にかけては引き続き雨が降りやすく、一時的に強まるところもある見込みです。

特に夜からは前線上の低気圧などの影響を受けて、北陸から山陰では落雷や突風を伴う強い雨に注意が必要です。

さらに、明日は、東海や関東でも雨が強まるおそれがあり、その後も日本海側を中心に大雨になるおそれがあるため、買い出しや側溝の掃除など備えは早めに行ってください。

静岡県周辺はわずかな雨でも災害警戒

先日、土石流被害があった静岡県熱海市や関東南部は雲の多い天気で、一時的に雨の降ることがあります。これまでの大雨で地盤が緩んでいるため、わずかな雨でも新たな土砂災害の危険があります。

また、体に堪える蒸し暑さとなりますので、復旧作業をする際はこまめに休憩を取るなど体調管理に注意が必要です。

北海道は強まる雨に注意

北海道は、上空に寒気を伴った低気圧の影響で雨が降りやすく、局地的に雷を伴って強く降るところがあります。沿岸部では風もやや強く吹く見込みです。

東北は変わりやすい天気で、日差しが届くことがあっても急な雨に注意が必要です。外出時には折りたたみ傘をお持ちください。