2021/07/07 16:58 ウェザーニュース

■ 天気のポイント ■

・山陰や近畿、東海は大雨に警戒
・関東なども雨の降りやすい一日
・北日本は所々でにわか雨


明日8日(木)も引き続き梅雨前線の活動は活発です。前線に近い山陰から近畿にかけては非常に激しい雨の降るおそれがあり、土砂災害や河川の氾濫に厳重に警戒をしてください。

山陰や近畿、東海は大雨に警戒

活発な梅雨前線に近い山陰から近畿、東海にかけては局地的に非常に激しい雨の降るおそれがあります。

特に山陰ではすでに記録的な雨になっている所があり、大規模な災害につながる危険性があるため厳重な警戒が必要です。

近畿でも雨のピークが朝の通勤・通学時間帯と重なるため道路冠水や中小河川の増水に警戒をしてください。

関東なども雨の降りやすい一日

関東は7日(水)に比べると雲が厚く、雨の降りやすい一日になります。

一時的には本降りの雨になることがありますので、外出時は傘が欠かせません。

気温はそれほど上がらないものの、湿度が高いためムシムシと感じられます。

北日本は所々でにわか雨

梅雨前線から遠い北日本は上空の気圧の谷の影響で雲が広がりやすく、所々でにわか雨があります。

強く降ることはないので、出かける場合は念のため折りたたみの傘があれば安心です。

海からの風が吹き込む太平洋沿岸は少し肌寒くなる一方、内陸部や日本海側は25℃を超えて蒸し暑くなります。