2021/07/14 05:26 ウェザーニュース

■ 天気のポイント ■

・西〜東日本は局地的な雷雨のおそれ
・北日本は日本海側で日差し届く
・沖縄は夏空継続も急な雨には注意



今日14日(水)も日本列島の上空には寒気が居座り、全国的に大気の状態が不安定です。

特に西日本や東日本は雨雲の発達しやすい状況が続き、局地的な激しい雨や雷雨のおそれがあります。突風やひょうにも注意してください。

西日本や東日本は局地的な雷雨のおそれ

上空に居座る寒気の影響で大気の状態が不安定です。特に関東から近畿にかけては、内陸部や山沿いを中心に雨雲が発生、発達しやすく、局地的な激しい雨や落雷、突風、ひょうなどのおそれがあります。天気の急変に注意が必要です。

日差しが届く西日本や東海は暑さが続き、30℃を超えるところが多くなります。関東は東よりの風が吹き込むため、昨日よりは少し気温が低くなる予想です。

北日本は日本海側で日差し届く

北日本は寒気の影響が小さくなり、雨雲の発生は山沿いの一部に限られます。

日本海側は日差しの届くところが多く、昼間は30℃前後まで気温が上昇。少し暑く感じられそうです。

一方で太平洋側は海からの湿った風の影響で雲が広がりやすく、沿岸部では最高気温が20℃前後と長袖が必要なくらいになります。

沖縄は夏空継続も急な雨には注意

太平洋高気圧に覆われる沖縄は夏空が続き、強い日差しで昼間は厳しい暑さです。

湿った空気が流れ込む影響で時々雨雲が通過し、にわか雨のところがあります。短い時間ながらも強まりますので、雨宿りで凌ぐと良いかもしれません。