2021/07/16 05:34 ウェザーニュース

■ 天気のポイント ■

・関東や北日本は晴れて暑い一日
・西日本は太平洋側で大雨のおそれ
・沖縄は晴れていても急な雨に注意



今日16日(金)は夏の太平洋高気圧が勢力を広げ、北日本から東日本を覆ってきます。北日本や関東などは夏のような空が広がり、暑い一日になる見込みです。

西日本は上空にある寒気を伴った低気圧と湿った空気の影響で、太平洋側を中心に大雨のおそれがあります。

関東や北日本は晴れて暑い一日

夏の太平洋高気圧が勢力を拡大するため、関東など東日本や北日本は晴れるところが多くなります。

強い日差しで気温が上がり、夏本番の厳しい暑さになる見込みです。東京では32℃、山形では34℃と内陸部では35℃前後になるところもあるので、熱中症対策をしっかり行ってください。

ただ、晴れても油断は禁物で、関東や東海では午前中ににわか雨の可能性があり、北日本から東日本の山沿いでは午後になると雷雨のおそれがあります。関東平野部のにわか雨は、昨日ほどの強い雨や雷雨にはならない見込みですが、空の変化にご注意ください。

西日本は太平洋側で大雨のおそれ

上空の寒気の中心が九州付近に進みます。西日本の各地は、引き続き大気の状態が不安定です。

特に湿った風が吹き込む太平洋側では断続的に強い雨が降り、1時間に50mm前後の非常に激しい雨になることがあります。また、多いところでは総雨量が200mmを超えるおそれがあるため警戒をしてください。

その他の各地も局地的に雨雲が発達し、雷を伴った激しい雨の降るところがある予想です。

沖縄は晴れていても急な雨に注意

沖縄は夏空が広がって強い日差しが照りつけます。

ただ、上空に冷たい空気が流れ込むため大気の状態は不安定で、急な雨に注意が必要です。短い時間ながらも降り方が強まることがあるので、空の変化から目が離せません。