2021/07/21 17:00 ウェザーニュース

■ 天気のポイント ■

・関東以西は夏空と厳しい暑さ続く
・北日本は太平洋側と日本海側で天気に違い
・台風6号接近の先島諸島は厳重警戒


明日22日(木)は関東から西の各地で夏空が続きます。35℃を超える猛暑日の所があり、引き続き熱中症対策が欠かせません。北日本は海からの風が吹く太平洋側で雲が広がりやすく暑さは一段落。日本海側は晴れて気温が上がる見込みです。

また、台風6号が近づく先島諸島は厳重な警戒が必要です。

関東以西は夏空と厳しい暑さ続く

関東から西日本にかけては夏空が広がり、強い日差しが照りつけます。昼間は気温が上がって内陸部を中心に35℃以上の猛暑日の所がある見込みです。しっかりと熱中症対策を行ってください。

また、関東甲信や東海の内陸、山沿いでは天気が急変し、雷雨の所があるため、空の変化にもお気をつけください。 

北日本は太平洋側と日本海側で天気に違い

北日本は海からの風が吹き込む太平洋側で雲が広がりやすく、気温もそれほど上がりません。仙台などは暑さが少し和らぎます。

一方で日本海側や内陸部は日差しが届いて30℃を超える暑さです。午後は東北の内陸部で急な雨の心配がありますので、念のため雨具があると良さそうです。

台風6号接近の先島諸島は厳重警戒

台風6号は発達しながらゆっくりと先島諸島に近づきます。暴風雨が長時間に渡って続くため、厳重な警戒が必要です。

台風から少し離れている沖縄本島でも雨や風が強まりやすく、海上は波が高くなりますので、警戒をしてください。