2021/07/23 16:39 ウェザーニュース

■ 天気のポイント ■

・北日本と西日本は真夏の暑さ
・関東はわずかに気温低下
・沖縄は台風6号の影響続く



明日7月24日(土)は、北海道から九州の各地で晴れて夏空が広がり、猛暑となる見込みです。沖縄は台風6号がようやく離れ始めるものの、激しい雨や吹き返しの暴風などの影響が続くため警戒してください。

北日本と西日本は真夏の暑さ

高気圧の中心に近い西日本と北日本は、内陸部や日本海側を中心に真夏の暑さとなるところが多くなります。

旭川など北海道でも35℃前後まで上がる所があり、暑さ対策が欠かせません。屋外で活動する場合だけでなく、室内で過ごす場合もクーラーなどで熱中症予防が必要です。

関東はわずかに気温低下

関東は夏空が続くものの、海からの東風が吹き込むため、今日23日(金)に比べるとわずかながら暑さが和らぎます。

それでも最高気温は30℃を超える真夏日となる予想で、暑いことに変わりはありません。多少はしのぎやすくなっても油断をせず、塩分・水分補給等を忘れず、熱中症対策を。

沖縄は台風6号の影響続く

台風6号の中心は徐々に沖縄から離れ始めます。ただし、勢力を落とす傾向が見られないため、明日も局地的な激しい雨や暴風に警戒が必要です。

また、海上の高波はさらに数日間は続きますので、海には近づかないようにしてください。