2021/08/20 05:25 ウェザーニュース

■ 天気のポイント ■

・西日本で雨雲発達 災害に警戒
・関東や東北はゲリラ豪雨に注意
・厳しい残暑で蒸し暑く


大気の状態が不安定となっていて、九州や中国・四国地方で非常に激しい雨が降っています。今日8月20日(金)は西日本や東海地方などで激しい雨に警戒が必要です。関東や東北地方でも急な強い雨や雷雨に注意してください。

11日(水)頃から大雨をもたらしていた前線は不明瞭になり、天気図からはなくなりました。ただ、暖かく湿った空気や上空の寒気の影響で大気の状態が非常に不安定となり、局地的に非常に激しい雨の降っているところがあります。

今日20日(金)は太平洋高気圧が西へ張りだしてくるものの、上空に寒気を伴った気圧の谷が北東に進むため、雨の範囲が東海地方付近にまで拡大する予想です。

西日本で雨雲発達 災害に警戒

西日本や東海では雨の降るところが多く、四国太平洋側や九州南部、中国地方西部、紀伊半島南部では非常に激しい雨の降るおそれがあります。特に四国太平洋側では断続的に激しい雨が降るおそれがあるため、低地の浸水、河川氾濫、土砂災害に厳重な警戒をしてください。

九州北部などでは、日差しが届くこともありますが、急な雨や雷雨のおそれもあります。

西日本や東海はこれまでの大雨で地盤が緩んでいるところがありますので、わずかな雨でも土砂災害などに警戒が必要です。復旧作業を行う場合は、今いる場所の空模様の変化だけでなく、川の上流側での雨の状況に注意をするようにしてください。

関東や東北はゲリラ豪雨に注意

勢力の強い太平洋高気圧に覆われる関東や東北は晴れる所が多くなります。

ただ、午前中は関東南部や北陸で、午後は東北から関東甲信の広い範囲で、ゲリラ豪雨のおそれがあります。空模様の変化に注意してください。

厳しい残暑で蒸し暑く

関東や東北は最高気温が30℃以上の真夏日となるところが続出して、残暑が厳しくなります。東海や西日本も30℃前後で、湿度が高く不快な暑さとなるため、通気性の良い服装がおすすめです。

また、北海道でも気温が上がり、札幌や旭川は約2週間ぶりに真夏日となる可能性があります。ただ、空気は乾燥しているためカラッとした暑さです。暑さ対策をしてお過ごしください。