2021/09/03 05:24 ウェザーニュース

■ 天気のポイント ■

・西日本や東日本は断続的に雨
・関東など昼間でも肌寒さ続く
・南西諸島は天気急変に注意



今日3日(金)も秋雨前線が日本列島に停滞するため、西日本や東日本、東北南部は断続的に雨が降ります。一時的に激しい雨や雷雨になるおそれがあるので注意が必要です。

関東では昼間でも20℃くらいまでしか気温が上がらず、長袖が欲しくなる肌寒さが続きます。

西日本や東日本は断続的に雨

九州から東北南部にかけては断続的に雨が降り、一時的に強く降ったり、雷を伴うことがあります。特に午前中は九州北部や中国地方に発達した雨雲がかかり、長崎県平戸では4時50分までの1時間に71.5mmの非常に激しい雨を観測しました。

家を出るときに雨が降っていなくても傘を持ってお出かけください。

関東など昼間でも肌寒さ続く

雨が降ることに加えて北東から冷たい風が吹きこむ影響で、今日も関東や東北南部では気温があまり上がりません。

東京都心でも20℃を少し超えるくらいと、昼間でも肌寒く感じられます。長袖のシャツや羽織るものなど、服装で上手に調節をしてください。

北海道は晴れて穏やかな空

秋雨前線から遠い北海道や東北北部では、晴れて穏やかな空となります。青空を背景に収穫間近の稲穂が黄金色に輝きそうです。

オホーツク海の低気圧に近い北海道の宗谷地方や内陸部ではにわか雨があります。また、太平洋沿岸は湿った東風の影響で、やや雲が広がりやすくなる見込みです。