2021/09/15 05:16 ウェザーニュース

■ 天気のポイント ■

・九州や四国の太平洋側は雷雨に注意
・関東はにわか雨に注意 東海や近畿は晴れ間も
・北日本は秋晴れの所が多い



今日9月15日(水)は秋雨前線の影響を受ける西日本を中心に雨が降ります。九州や四国の太平洋側では強い雨に注意が必要です。ただ、前線の活動がいったん弱まり、日差しが届くところもあります。

関東も気圧の谷や湿った空気の影響で雨の降る可能性があります。北日本は高気圧に覆われて、秋晴れのところが多くなる見込みです。

九州や四国の太平洋側は雷雨に注意

秋雨前線に暖かく湿った空気が流れ込むため、雨雲が発達しやすくなります。前線に近い九州や四国の太平洋側は局地的に雨雲が発達して、雷を伴い強く降ることがある見込みです。すでに大雨となっている所では地盤が緩んでいるおそれがあるため、土砂災害などに注意をしてください。

その他でも雨が降ることはあるものの、前線の活動が弱まるため、中国四国の瀬戸内側では段々と雨が降りにくくなります。日差しが届くこともあるので、傘の置き忘れにご注意ください。

関東はにわか雨に注意 東海や近畿は晴れ間も

関東も前線や湿った空気、上空の気圧の谷の影響などで雲の多い天気となります。沿岸部を中心に雨が降り、傘が必要になるタイミングがあります。外出の必要がある場合は雨具をご用意ください。

東海や近畿は次第に雨が止んで、天気は回復傾向です。大阪など近畿の中部・北部や東海はだんだんと日差しが届く見込みです。

北日本は秋晴れのところが多い

北日本は高気圧に覆われて秋晴れのところが多くなります。日差しが届いても極端に気温が上がることはなく、過ごしやすい陽気です。

ただ、東北の太平洋側は海からの東寄りの風が吹き込む影響で、雲が広がって雨が降ることがあり、雷を伴い強く降るおそれもあります。内陸部もにわか雨にご注意ください。