2021/10/04 05:22 ウェザーニュース

■ 天気のポイント ■

・東日本や西日本は秋晴れ続き残暑
・太平洋側の沿岸部はにわか雨が心配
・北海道や強い雨風や雷に注意



今日4日(月)も西日本や東日本は高気圧圏内で、日本海側を中心に秋晴れが続きます。昼間は気温が30℃前後まで上がり、残暑に注意が必要です。

一方、北海道は寒冷前線が通過するため、強い雨や落雷のおそれがあります。

東日本や西日本は秋晴れ続き残暑

高気圧の中心は東の海上へ移動するものの、西への張り出しが強く、西日本や東日本は広く秋晴れが続きます。

昼間は気温が上がり、最高気温は30℃前後になるところが多い見込みです。引き続き夏のような暑さとなるため、こまめな水分補給や空調の使用など、暑さ対策をしっかりと行ってください。朝晩との寒暖差にも注意が必要です。

太平洋側の沿岸部はにわか雨が心配

太平洋側には湿った空気が流れ込み、昨日に比べると雲が広がりやすくなります。

特に三重県や宮崎県など南東側の沿岸部を中心ににわか雨の可能性があるため、外出の際は折りたたみ傘をお持ちください。

北海道や強い雨風や雷に注意

北海道は寒冷前線が通過して雨が降ります。一時的に強く降り、雷を伴うおそれがあります。沿岸部を中心に風も強まるため、横殴りの雨にも注意してください。

朝の冷え込みが弱く、昼間は暑く感じるところがあるものの、夜は風が冷たくなりそうです。上着を持ってお出かけください。