2021/10/09 05:45 ウェザーニュース

■ 天気のポイント ■

・関東や東北太平洋側は一時雨
・西日本は晴れて残暑が続く
・北海道は紅葉の映える青空


今日9日(土)は北海道付近に中心をもつ高気圧が、日本列島を北から覆います。北日本や西日本太平洋側は一日を通して、西日本の日本海側は段々と晴れる見込みです。

東寄りの湿った風が吹き込む関東や東北太平洋側が雲が多く、一時的の雨の降る所があります。

関東や東北太平洋側は一時雨

関東や東北太平洋側は高気圧の周囲を吹く湿った風が東から吹き込むため、雲の広がる所が多くなります。

一時的に雨の降ることがあり、外出時は折りたたみの傘など雨具があると安心です。

最高気温は昨日8日(金)に比べると低く、関東は25℃前後、東北太平洋側は20℃前後の予想となっています。

西日本は晴れて残暑が続く

西日本の日本海側ははじめ雲が多いものの、広く晴れて日差しが届きます。引き続き暖かな空気に覆われるため、昼間は気温が上がって30℃前後の予想です。10月とは思えない残暑が続きますので、屋外で活動をする場合は暑さ対策が必要になります。

太平洋側は湿った風の影響で雨の降る所があり、特に九州では一時的に強まる雨に注意が必要です。

北海道は紅葉の映える青空

高気圧に覆われる北海道や東北北部は穏やかな晴れの一日になります。

朝晩は放射冷却現象が強まることで、内陸部を中心に空気が冷たいものの、昼間は気温が上がって過ごしやすい陽気です。

紅葉が見頃を迎えている所では、色づいた葉が青空に映えます。