2021/10/19 05:31 ウェザーニュース

■ 天気のポイント ■

・関東や東海は次第に雨が降り出す
・西日本は日本海側で局地的な雷雨
・北日本や北陸は遅い時間ほど雨



今日19日(火)は低気圧が近づく影響で全国的に天気が下り坂です。次第に雨の範囲が広がり、夕方から夜にかけては本降りのところが増えてきます。外出の際は傘を用意しておくと安心です。

関東は朝から雨が降っていますが、いったん止む時間がある見込みです。夜遅くになると再び雨が降り出します。

関東や東海は傘必須

本州の南の海上を進む低気圧の影響で、スッキリしない天気です。関東では南部を中心に朝から雨が降り、東海も日差しが出ることがあっても、午後は雨の降る時間があります。外出時は雨具をお持ちください。沿岸部や伊豆諸島では雷を伴った強い雨に注意が必要です。

関東は気温がほとんど上がらず、昼間でも上着が欠かせません。東海も日差しが乏しいため実際の気温より肌寒く感じられます。

西日本は日本海側で局地的な雷雨

西日本は日差しが届いていても前線の通過に伴って、日本海側を中心に雨が降りやすくなります。局地的には短い時間に雷を伴った強い雨の降るおそれがあり、落雷などにも注意が必要です。

太平洋側もにわか雨の可能性があるため、お出かけの際は念のため折りたたみの傘など雨具をご用意ください。

北日本や北陸は遅い時間ほど雨

北日本はや北陸は低気圧が接近する影響で天気は下り坂です。午前中は日差しが届くものの、午後は雲に覆われ、夕方から夜には雨が降り出します。夜遅い時間ほど雨が強まったり、雷を伴うことがあるので、早めに帰宅すると良さそうです。

低気圧に向かって南よりの風が吹き込むため、気温は昨日に比べると高くなります。