2021/11/22 05:21 ウェザーニュース

■ 天気のポイント ■

・激しい雷雨や突風のおそれ
・全国的に風が強まり、北海道は暴風も
・西日本は急激な気温変化に注意



今日22日(月)は前線が日本列島を通過するため、全国的に雨が降ります。前線通過時は強い雨や雷、突風に注意が必要です。沿岸部を中心に風が強ま、横殴りの雨になることもあります。

また、雨の後は北寄りの風に変わり、気温が下がる予想です。

激しい雷雨や突風のおそれ

低気圧からのびる前線が日本列島を通過します。全国的に雨が降り、前線通過時は雷を伴った激しい雨や突風に注意が必要です。特に九州や中国・四国は朝に雨が強まります。通勤・通学は時間に余裕を持って行動するようにしてください。

関東や東北太平洋側は、前線接近前から風の衝突による雨雲が広がり、雨が降ったり止んだりの一日。夕方から夜は前線通過により、雨が強まる予想です。

全国的に風が強まり、北海道は暴風も

低気圧が発達しながら東へ進むため、沿岸部を中心に風が強まります。特に、低気圧に近い北海道は瞬間的には35m/sを超える暴風となるおそれがあり、荒れた天気に警戒が必要です。

交通機関に影響が出るおそれもあるため、こまめに最新の情報を確認するようにしてください。

西日本は急激な気温変化に注意

前線に向かって南から暖かい空気が流れ込むため、朝は比較的過ごしやすいところが多くなります。ただ、前線通過後は冷たい空気が流れ込むため、気温が大幅に下がる予想です。

雨の止むタイミングが早い西日本は気温が右肩下がりで、夜は厚手の上着が必要な寒さになります。急激な体感変化で体調を崩さないようお気を付けください。