2022/06/18 05:40 ウェザーニュース

■ 天気のポイント ■

・西日本から東北で30℃以上の所も
・西日本、東日本の太平洋側は雨に注意
・沖縄は梅雨空が続く
今日6月18日(土)は梅雨前線が北上して本州に接近し、西日本や東日本の太平洋側で雨雲のかかる所があります。気温は高く、午後は30℃を超える所がありますので熱中症予防を心がけてください。

西日本から東北で30℃以上の所も

九州や中国地方、北陸、北日本の各地では、晴れて各地で気温が上がり、暑くなる見込みです。

熊本、広島、新潟、盛岡など、予想最高気温が30℃以上の真夏日の所も多くなっています。屋外で長時間活動する場合は、水分補給などの熱中症予防行うようにしてください。

西日本、東日本の太平洋側は雨に注意

西日本の太平洋側では朝から雲が広がって、雨の降っている所があります。活発な雨雲が通過するタイミングでは沿岸部を中心に一時的に雨の強まるおそれがありますのでご注意ください。

東日本の太平洋側でも雲が広がり、昼前から東海地方で、夕方以降は関東でも雨が降るところがありそうです、おでかけの際には雨具があると安心です。

湿った空気が流れ込むため雨の割に気温は高く、蒸し暑い一日になりそうです。

沖縄は梅雨空が続く

梅雨前線は今日に比べると北上し、奄美地方を中心に断続的に雨が降る見込みです。奄美では激しい雨のおそれがりますので、警戒をしてください。

沖縄は前線から少し離れるものの、湿った空気の影響で局地的の雨の強まる可能性があるため、油断ができません。