2022/07/15 05:24 ウェザーニュース

■ 天気のポイント ■

・西日本から東北の広範囲で雨
・九州は大雨に警戒を
・北海道は道北で日差しが届く

今日15日(金)は日本付近には前線が停滞し、暖かく湿った空気が流れ込んできます。日本海に進んでくる寒冷渦の影響で大気の状態が不安定になり、雨雲が発達して各地で雨が強まる見込みです。

特に九州は大雨による道路冠水や河川の氾濫、土砂災害の発生などに警戒をしてください。

西日本から東北の広範囲で雨

前線の活動が活発になるため、西日本から東北にかけて雨の降るところが多くなります。九州や東海、関東、東北は断続的に雨の降る一日です。先日、大雨が降ったばかりの東北では土砂災害の危険性が高まりますので、急な斜面など危険な所に近づかないようにしてください。

中国や四国、近畿では日差しが届くものの、急な雨の心配があり、油断ができません。

九州は大雨に警戒を

九州では前線に向かって非常に湿った空気が流れ込む影響で雨雲が発達しています。5時までの1時間に宮崎県えびの市加久藤では93.0mmの猛烈な雨、小林市では74.0mmの非常に激しい雨を観測しました。

このあとも激しい雨が断続的に16日(土)朝にかけて降るため、大規模な冠水や河川・用水路の増水、氾濫。土砂災害などに警戒が必要です。

北海道は道北で日差しが届く

北海道はエリアによって大きく天気が分かれます。道北は日差しの届く時間が長く、過ごしやすい一日となりそうです。

道央は雲の多い一日で、道東の太平洋側や道南は雨の降るところが多くなります。特に道南では一時的に雨の強まることがある見込みです。