2022/09/19 05:30 ウェザーニュース

■ 天気のポイント ■

・西日本は台風の影響が大きい
・関東、東海も断続的に雨
・北日本は北海道で強雨に警戒

三連休最終日の今日9月19日(月)は、台風14号が西日本を東進するため、広い範囲で荒れた天気となるおそれがあります。厳重な警戒が必要です。北海道も前線の影響で雨が強まる予想で、油断ができません。

西日本は台風の影響が大きい

西日本は台風14号の通過に伴い、広い範囲で風雨が強まります。午前中は九州が中心で、午後は中国や四国、近畿で荒天となる見込みです。

外出は避け、できるだけ安全な所で過ごすようにしてください。

関東、東海も断続的に雨

関東や東海は台風から離れているものの、南からの湿った風の影響で雨雲が発生しやすく、局地的に雨の強まることがあります。

静岡県や三重県の山沿いなどは大雨となるおそれがあるため、警戒が必要です。

北陸は台風に向かって吹く風が山越えとなってフェーン現象が発生し、季節外れの暑さが続きます。

北日本は北海道で強雨に警戒

北海道は前線の影響で朝から雨が降りやすくなります。台風の北上に伴って湿った空気が流れ込み、次第に雨の強まる所がありますので、警戒が必要です。

東北は南部を中心に日差しの届く所が多くなります。