2022/11/29 16:45 ウェザーニュース

■ 天気のポイント ■

・冬の天気分布で北海道は大雪警戒
・関東は雲が残りにわか雨も
・西日本は日差し届いても風が冷たい
明日30日(水)は冬型の気圧配置が強まり、上空の強い寒気が次第に南下する見込みです。北海道は大雪のおそれがあり、東北でも雪に変わる所が多くなります。全国的に気温が下がり風の冷たい一日です。

冬の天気分布で北海道は大雪警戒

日本海側の各地は雪や雨が降りやすくなります。北海道は朝から雪で、内陸部を中心に積雪の急増に警戒が必要です。

東北でも北部から雪に変わり、内陸部や山沿いでは積もるくらいになります。

北陸から山陰にかけては断続的に雨が降り、落雷や霰(あられ)などに注意をしてください。気温は低く冬の寒さです。

関東は雲が残りにわか雨も

雨は朝までに一旦止むものの、天気がすっきり回復とはいかず、雲の多い一日です。

午後は再びにわか雨の可能性がありますので、外出の際は念のため、折りたたみの傘をご用意ください。

寒気の影響を受けにくく、それほど寒さはありません。

西日本は日差し届いても風が冷たい

西日本や東海は太平洋側で日差しの届く所があります。

寒気の影響で気温は昼間もあまり上がらず、冷たい北寄りの風が強いため体感温度はかなり低くなる見込みです。風をしっかり防ぐような上着があると重宝します。