5000万円のR34GT-Rに2000万円のRX-7ってこんな値段で誰が買うんだ!? 新車の5倍6倍当たり前の「異常価格」の国産中古スポーツ4選

この記事をまとめると

■高騰が止まらない国産スポーツカーを紹介

■北米地域へ輸出しやすくなる通称「25年ルール」の存在が価格高騰へ拍車をかけている

■新車価格の3倍4倍は当たり前となっており「ASK」表示も多い

新車時の数倍にもなっているネオクラシックスポーツカーたち

 折からの旧車ブームだけでなく、生産から25年が経過した車両においては北米地域への輸出・登録が容易になるいわゆる「25年ルール」の影響もあって、凄まじい勢いで価格の上昇が続いている90年代の国産スポーツカーたち。

 今回はそんな90年代にデビューしたスポーツカーたちの値上がりぶりを改めてチェックしてみたい。この状態がいつまで続くかはわからないが、欲しいクルマは買えるときに買っておくのがベストと思えてしまうこと請け合いだ。

日産 スカイラインGT-R(R34型)

 90年代に登場した国産スポーツモデルのなかで、やはりトップクラスに価格が上昇しているのは、最後のスカイラインGT-RでもあるR34型だろう。

 執筆時点では最後の限定車である「ニュル」で5000万円台、通常のモデルでも低走行であれば3000万円台となっており、もっとも安価な部類でも1200万円以下のものはないという異常事態だ。

 ちなみに2007年の段階では、安いものだと350万円以下で購入することができたので、15年でおよそ4倍〜14倍に跳ね上がったということになる。

ホンダ NSX(初代)

 続いて高値を維持しているモデルとして挙げられるのが国産車初のスーパーカーとも言われている初代NSXだ。こちらはそもそもの新車価格もスーパーカー並みとなっていた点は考慮しなければならないが、MT車かつ低走行の状態の良いものでは2000万〜3000万円台の価格も珍しくない。

 執筆時点では価格が掲示されているタイプRの掲載物件が存在しなかった(ASKのみ)ということもあるが、状態の良いタイプRであればさらなる高値となることは想像に難くない。

 一方、初期型に近い過走行車であれば600万〜700万円台の車両も存在しているが、こういったモデルであれば15年前だと200万円台のプライスで販売されていた個体もあったことを考えると、かなり高値となっている。

新車で200万円台だったクルマが15年で中古価格1000万円超え!

マツダ RX-7(FD型)

 現時点では最後のロータリーターボエンジンを搭載したピュアスポーツカーであるFD型のRX-7。新車当時はトップグレードでも300万円台で買えたことが信じられないほどの高騰ぶりとなっている。

 とくに最後の限定車であるスピリットR系では2000万円台のプライスを掲げる車両も存在するようになってきており、カタログモデルでも低走行の状態の良いものでは700万円前後というのも珍しくない状態となってきているのだ。

 安い車両ではまだ200万円台というものもごくわずかに存在するが、過走行や修復歴のあるのATが中心で、15年前はMT車でも安いものでは50万円以下で見つけることができたことを考えると、とんでもない価格となっていることは間違いない。

ホンダ・インテグラ タイプR(初代)

 知名度的には現行型も存在するシビックタイプRの影に隠れた存在となりつつあるが、その高いポテンシャルと全高の低いクーペスタイル(ハードトップセダンもある)が人気の初代インテグラタイプR。

 新車時は250万円ほどと、こちらもいま考えると圧倒的バーゲンセール価格とも思える金額だったが、ついにこの初代インテグラタイプRも1000万円超の中古車が存在するほどになってしまったのだ。

 さすがに1000万円超はレアケースと思いきや、低走行フルノーマルで800万円台というものも存在しており、それなりにキレイなものを購入しようとしたら400万円くらいの予算は最低でも持っておかなければならない時代がやってきている。

 安い車両の中には100万円台の価格のものも存在しているが、走行距離が25万km前後というものも珍しくなく、70万円台で修復歴なしの走行距離10万km以下の車両が存在していた15年前は遥か昔の出来事のように思えてしまう。