いまなお注目される車中泊! DIYでより快適にカスタム……はいいけど「違法」にならないよう注意が必要

この記事をまとめると

■コロナ禍により車中泊への関心が高まり、コロナ問題が落ち着いた今も人気が高い

■愛車をカスタマイズして車中泊仕様にするユーザーも増えている

■カスタムの内容によっては車検に通せなくなってしまう場合もあるので注意が必要だ

車中泊仕様へカスタムする際の注意点とは

 コロナ禍で流行ったクルマの楽しみ方のひとつが「車中泊」だ。公共交通機関で旅行をするのは憚られるところがあっても、マイカーでドライブするだけであれば不特定多数との接触機会も最小限にできるのが魅力だった。

 ほかにも、クルマのなかで寝泊まりすることで宿代が不要になるというのは、インフレが進むなかでの自己防衛的レジャーとして見逃せないポイント。新型コロナウイルスが5類感染症に移行した今でも車中泊を楽しみたいというユーザーは多い。

 クルマで宿泊するというのであれば、キャンピングカーというムーブメントも一定数の支持を集めているトレンドだが、キャンピングカーの場合は「ギャレー」と呼ばれる台所スペースを用意することで、調理なども車内で行うことを考慮していることが多い。しかし、水まわりや電源などを増設する必要があるため、アマチュアが愛車をキャンピングカーに改造するのはハードルが高い。

 一方、車中泊仕様と割り切れば、カーテンやサンシェードなどで簡易的に窓を塞ぎ、シートを畳むなどしてベッドスペースを確保できれば、簡易的な車中泊仕様にはなり得る。そんな手軽さも車中泊ブームを後押ししている。

 とはいえ、毎週のように車中泊を楽しんでいると「もっと気持ちよく横になりたい」だとか「いつも使う道具をしまっておく収納がほしい」といった思いが湧いてくる。手軽なクルマ趣味といえるだけに、そうしたカスタムをDIYで行うことを考えているユーザーも少なくないだろう。

運転に関係ないからと言って何をやってもOKではない

 気軽な車中泊仕様といっても、気を付けるべきポイントはいくつかある。

 大前提として保安基準を守ることが求められる。後席は使わないので外してしまって、別でベッドを常設する……というのは基本的にNG。書類を提出して乗車定員を変更すれば保安基準を満たした改造といえるが、DIYレベルで作りこむ車中泊仕様でそこまで手間をかけるというのは現実的ではない。

※画像はイメージ

 荷室部分を車中泊仕様にするとしても、後席は畳んだ状態で、ベッドなどは載せるだけにして、いつでも現状復帰できるようにしておきたい。なお、勝手にシートを増設して乗車定員を増やしてしまうのも当然ながらNGだ。

 軽バンなど、商用車をベースに車中泊仕様を作るときに気をつけるべきは、最大積載量を超えないようにすることだ。軽商用車の最大積載量は多くのクルマで350kgとなっているが、スズキ・スペーシアベースは200kgだったりする。ベッドキットを載せたくらいで最大積載量を超えることはないだろうが、軽トラの荷台に小屋を建てたようなキャンピングカーを自作する場合、小屋部分は荷物という体なので、350kg以上の小屋を作ってしまうと過積載になる。意外かもしれないが、最大積載量は留意すべきポイントとなる。

※画像はイメージ

 雰囲気のある車中泊仕様にしようとすると、荷室部分に造作したくなるものだが、この場合は多くのケースで加工しやすい木材を使うことになるだろう。あくまで積載物となる造作であれば保安基準に抵触しないケースが多いだろうが、壁面などに固定するモノやルーフ部分を木材で作る場合は、難燃性についての基準を満たす必要がある。よって、安易にDIYで作ってしまうと車検に通らないということもありえる。

※画像はイメージ

 安全を考えると、必要以上に視界を遮るようなカスタマイズも避けたいところ。1BOXバンのリヤ&サイドウインドウにパネルを貼って見えなくしてしまうのは保安基準的には問題ない改造ではあるが、日々の運転での視界確保を考えるとオススメはしかねる。もしパネルを貼るならば、カメラを利用した電子ルームミラーやバックモニターを後付けするなどして視界を確保するようにしておくといいだろう。

 まとめると、「1・乗車定員」と「2・最大積載量」の2点については厳守が基本となる。木材による造作は「3・難燃性」が求められるので車体に取り付けるような部品をDIYで作るときは素材や厚みについて吟味するようにしたい。そして「4・視界」をスポイルするようなカスタマイズもオススメはできない。視界を遮ってしまうような場合は対策がマストと考えたい。