意外な軽自動車も「御年60歳以上」だった! ニッポンが誇る「超ご長寿」クルマ5選

この記事をまとめると

■これまでに廃止された車種は多いが、それでも50年以上生き残っている日本車もある

■ランクルやクラウン、スカイライン、フェアレディなど、生き残っているものは名車と呼ばれるモデルとなっている

■意外にも、軽自動車のマツダ・キャロルは60年以上の歴史を有している

いかに名車といえども時代とともに生き残るのは難しい

「ジャパンモビリティショー2023」には、ホンダから「プレリュード・コンセプト」が出展された。プレリュードを含めて、日本車の歴史を振り返ると、廃止された車種が悲しくなるほど多い。トヨタではプレリュードに相当するクーペのセリカやレビン&トレノ、日産は第二次世界大戦前のダットサンからの伝統を受け継ぐブルーバード、Lサイズセダンのセドリック&グロリア、マツダならコスモやルーチェなど、廃止された名車を挙げたらキリがない。

 しかしその一方で、逞しく生き抜いている長寿モデルもある。1950〜1960年代に誕生した車種をリストアップした。

初代トヨタ・ランドクルーザー(1954年)

 初代モデルは、警察予備隊(自衛隊の前身)の需要に応じて開発され、1951年に「トヨタジープBJ型」として発売された。ただし「ジープ」の名称がウイリスオーバーランド社の商標に抵触するため、1954年に「ランドクルーザー」へ改称されている。

 それ以来、ランドクルーザーは、悪路向けの4WDとして進化してきた。いまでは複数のバリエーションを備えるランドクルーザーシリーズに発展している。

初代トヨタ・クラウン(1955年)

 初代クラウンは、1955年に国産初の本格的な高級セダンとして発売された。当時はクルマの価格が物価に対して際立って高く、乗用車もタクシーが中心だった。一般ユーザー向けの乗用車は、1958年に発売された軽自動車のスバル360などが最初だったが、クラウンは本格的な高級乗用車市場へ勝負を挑んだ。

 全長が4285mm、全幅は1680mmのコンパクトなボディに、直列4気筒1.5リッターエンジンを搭載する。それでも観音開きのドアを備えたボディは堂々として、憧れの存在となった。発売時点の価格は101万5000円。大卒初任給をベースにいまの価値に換算すると約1800万円であった。

いまやどれも日本を代表するモデルに成長したご長寿車名モデル

初代プリンス・スカイライン(1957年)

 初代スカイラインは、1957年にプリンス自動車から発売された。初代クラウンに対抗する高級セダンで、全長が4290mm、全幅が1675mmのボディに直列4気筒1.5リッターエンジンを搭載した。デラックスの価格は120万円であった。

 この後、プリンスは1959年に、さらに高級な初代グロリアを発売する。そこで1963年に登場した2代目スカイラインは、ボディをコンパクトに抑えて個人ユーザー向けに発展した。

 この2代目に、ボンネットとホイールベース(前輪と後輪の間隔)を拡大して直列6気筒2リッターエンジンを搭載する2000GTが設定され、スポーツモデルの輝かしい歴史が始まった。

 1966年にプリンス自動車は日産と合併して、日産スカイラインになった。

初代日産フェアレディ(1962年)

 伝統あるスポーツカーといえば、1969年に発売されたフェアレディZとされるが、これはあくまでも「フェアレディ」の発展型だ。もともとフェアレディは、ダットサンスポーツの北米輸出仕様として用意され、日本仕様のフェアレディは1962年に発売されている。

 全長が3910mm、全幅が1490mmのコンパクトなボディに、直列4気筒1.5リッターのOHVエンジンを搭載した。オープンモデルで、初期型は、ひとりがけの後席を横向きに設置する3人乗りであった。

初代マツダ・キャロル(1962年)

 いまのマツダキャロルは、スズキが供給するOEM車でアルトと基本的に同じクルマだ。しかし、かつてのマツダ(東洋工業)は、軽自動車を自社で開発/生産しており、初代キャロルは1962年に発売された。

 全長が2980mm、全幅が1295mmの小さなボディながらも2ドアセダンで(後に4ドアも設定)、直列4気筒358ccエンジンをボディの後部に搭載した。

 前述の通り、当時はクルマが高額商品だったから、軽自動車にもファミリーカーのデザインと機能が求められた。初代キャロルはその期待に応える開発を行い、ユーザーがプライドを持てるセダンスタイルの軽自動車として人気を高めている。初代モデルの価格は37万円。現在の貨幣価値に換算すると約480万円であった。