伝説級3台のマシンカラーリングを1台に結集! マクラーレン750Sに創立60周年記念モデル「3-7-59」が登場

この記事をまとめると

■マクラーレン750Sに創立60周年記念モデルとなる「3-7-59」が設定された

■「3-7-59」はモータースポーツ3冠を実現した伝説級モデルのカラーリングをオマージュ

■「3-7-59」は全6台が製作されるが、すでにすべて完売している

斬新なカラーリングは3台のレーシングマシンを表現

 公道で最高のパフォーマンスを発揮するよう開発されたマクラーレンのスーパーシリーズ。そのなかでもっともベーシックなモデルといえば、750Sだ。720Sの後継モデルとして2023年にデビューした同車は、750馬力の4リッターV8ツインターボをミッドシップ搭載するハイパーカーとして人気を博している。

 そんな750Sに特別なモデルが用意された。それが、アメリカのソノマ・レースウェイで開催されたラグジュアリーモータースポーツの祭典「ヴェロシティ・インターナショナル」で公開された「3-7-59」だ。どういうモデルかというと、マクラーレン・スペシャル・オペレーションズ(MSO)によって、特別なペイントが施されている。

 ではそのペイントとはどういうものなのかというと、その「3-7-59」というテーマ名がヒントとなる。これは、マクラーレン60年の歴史で成し得たモータースポーツの世界の3冠である「トリプルクラウン」の成功に敬意を表したもので、1974年のインディ500を勝利したM16Dの「3」、1984年のF1モナコGPで優勝したマクラーレンMP4/2の「7」、そして1995年のル・マン24時間レースを制したマクラーレンF1 GTRの「59」という、トリプルクラウンに数えられるそれぞれのレースを制したマシンのゼッケンナンバーにちなんでおり、それぞれのマシンのカラーリングをオマージュする。

 クルマのフロント部は、マクラーレンMP4/2の白と赤のアラーリングからインスピレーションを得ており、レースナンバーの「7」がボンネットにあしらわれ、マクラーレンMP4/2を表現する。

 両サイドはマクラーレンF1 GTRへのオマージュであり、グレーのカラースキームと「59」のレースナンバー、そして24時間レースのGT1クラスへの参戦を示す鮮やかなグリーンのドットが施される。

 リヤの3分の1はインディ500を優勝したマクラーレンM16Dのボディカラーであるオレンジを採用し、またレースカー同様にブルーでナンバー「3」をあしらう。

 M16Dのレースナンバーが描かれるサイドには、オレンジのペイントがF1 GTRのグレーのスキームへと変化する、チェッカーフラッグの渦巻きのようなエフェクトが施される。

「3-7-59」は全6台の限定モデルですべて完売

 と、このように3台の伝説級マシンをモチーフにしたカラーリングには、そのほかにも秘密がいっぱい。たとえば、マクラーレンがトリプルクラウンイベントで勝利を収めた年やマクラーレンのロゴの進化などが「イースターエッグ」として隠されている。また、エクステリアとインテリアには、MSO技術者によって3つのQRコードが隠されており、それぞれが車両の詳細を説明するWebページへとリンクする。

 そのほか、サテンブラックの超軽量ボルテックスアロイホイールは、ブルー、レッド、ル・マンゴールドの3色で交互に仕上げられたブレーキキャリパーを覆い、3冠を達成した3台のマシンをイメージさせる。

 インテリアには、シートと同じアートワークが描かれたカーボンファイバー製ドアトリム、ステアリングホイールのリムに描かれた12時のマーク、マクラーレンMP4/2へのオマージュとして「3-7-59」のノーズを飾った赤と白の”シャタード “ペイントにインスパイアされたハンドペイントのカーボンファイバー製シフトパドルなどが採用されている。

 なお、ペダルは、エクステリアのペイントディテールの一部と同じレザーエッチングアートワークが施され、セラミックコーティングとホワイト、ブラック、オレンジのトリプルクラウンスターで仕上げられている。カーボンファイバー製ドアシルにも同様のスターが描かれており、これはマクラーレンのF1での成功とモナコGPに捧げる特別なものとなっている。

 このように、マクラーレンの3冠、「トリプルクラウン」という偉業を表現した「3-7-59」。その最大の特徴であるペイントには1200時間以上を要し、6台が製作されるというが、すでに全台完売となっているそうだ。