恐ろしいほどバカッ速で若者を熱狂させた「スポーツ軽」! 懐かしモデル7台の中古価格を調べたら驚きの結果に

この記事をまとめると

■古い軽スポーツモデルが現代の軽自動車よりも高値で取引されているケースがある

■専門店なども存在するので、人気車種であればそれほど頑張らずに維持することもできる

■そもそもタマ数が少ないモデルもあるので、維持が大変な場合もある

クルマ好きが熱狂した往年の軽スポーツ、いまいくらで買える?

 軽自動車といえば乗用車に比べて安価に入手できて、維持費も安いイメージがあります。

 しかし、近年の軽自動車を新車で購入しようとすると「えっ!?」と、思わず2度見してしまう見積もり書を提示されることも少なくありません。もちろんそれにはしかるべき理由があり、ひと昔前には設定すらなかった安全装置が標準化されたり、資材高騰など、やむを得ない理由は多々ありますが……。

 なので現行モデルは仕方ない。それでは、ひと昔前、ふた昔前の軽自動車、それもスポーツ系モデルはというと……。気になって調べてみると、価格をはじめとする厳しい現実を見せつけられてしまったのです。

 *この情報は2023年11月現在のものです。

マツダ・オートザムAZ-1

・デビュー年:1992年10月

・中古車の平均価格:242.7万円

・中古車の価格帯:183万〜530万円

 このテーマを語るうえで欠かせないのが「ABCトリオ」。そのなかで「A」といえば、車重はわずか720kg、ガルウィングドアが特徴的なAZ-1。もともとニッチな存在だったこともあり、わずか2年間の販売期間のあいだに作られた台数は4000台半ばといわれ、現存する個体は当時の新車時価格である149.8万円を上まわる価格帯で販売されている個体がほとんど。

 おそらく二度と作られることがないであろう、ガルウイングドアを備えた軽自動車。いまや1台の中古車を手に入れるというより、文化財を預かるくらいの心持ちが必要かもしれません。

ホンダ・ビート

・デビュー年:1991年5月

・中古車の平均価格:94.6万円

・中古車の価格帯:39万〜348万円

「ABCトリオ」の「B」といえばホンダ・ビート。初のミッドシップエンジンの軽自動車でありながらオープンカーという、なんとも欲張りというか贅沢なパッケージを採用したクルマとして人気を博しました。このクルマが現役だった当時、ホンダの某工場の駐車場がビートだらけだったので驚いた記憶があります(最近はN-BOX率が高いような)。

 ABCトリオのなかでも人気が高かったこともあり、現存するタマ数はそれなりにあります。また、ビートは専門店もそこそこあるため、素性のしっかりした個体の現存数、そして主治医を見つけられる確率も高そうです。

スズキ・カプチーノ

・デビュー年:1991年10月

・中古車の平均価格:107.9万円

・中古車の価格帯:45.9万〜250.9万円

「ABCトリオ」の「C」といえばスズキ・カプチーノ。FRの駆動方式にアルトワークスと同じ3気筒インタークーラー付きターボを搭載。さらに5速MTと、当時の走り屋の琴線に触れるパッケージでありながら、クーペ・Tバールーフ・タルガトップ・フルオープンと4種類のスタイルが楽しめる凝った作りも魅力です。

 ABCトリオのなかでは、比較的プレミア価格の個体は少ないものの、過走行や修復歴ありなどの訳ありが多いことも事実。雨漏りが気になるとしたら、あえて雨の日(または翌日)に実車確認するのもひとつの手です。

ABCトリオ以外も激アツ揃い!

スズキ・アルトワークス(2代目)

・デビュー年:1988年9月

・中古車の平均価格:82.7万円

・中古車の価格帯:59.8万〜120万円

 1990年に変更された軽自動車規格、つまりはエンジンの排気量が変更されるタイミング(550cc→ 660cc)でモデルライフを迎えた2代目アルトワークス。ベースとなったのは3代目のアルト、軽自動車版ホットハッチとして走り屋のハートをガッチリとつかんだクルマでした。競技専用モデル「ワークスR」はラリーなどのモータースポーツでも活躍。名実ともに「ワークス」の名に恥じないモデルとして人気を博しました。

 ハードに使い込まれた個体が多かったゆえに、気づけば絶滅危惧種。コンディションにこだわるなら長期戦もやむなしです。もし手に入れることができたら、ラストオーナーとして長年の疲れを労ってあげてください。

ダイハツ・ミラ TR-XX アバンツァート

・デビュー年:1990年3月(3代目デビュー時)

・中古車の平均価格:48.5万円(全グレード)

・中古車の価格帯:33万〜65万円(全グレード)

 1990年に変更された軽自動車規格のタイミングにあわせて、3代目としてフルモデルチェンジを果たしたミラ。そのなかでもスポーツグレードにあたるTR-XXに「アバンツァート」を1991年5月に販売。ボディと同色のアルミホイールが鮮烈でした。

 じつはこのグレードで軽自動車初となる4速ATを搭載しています。2代目アルトワークスか、それ以上に絶滅危惧種となってしまった1台。「若いときに乗っていて、落ち着いたらもう1度乗りたい……」と思っていたそこのアナタ! 落ち着く前に決断しないと手遅れになってしまうかも!?

三菱ミニカ DANGAN ZZ-4

・デビュー年:1989年1月

・中古車の平均価格:78万円(全グレード)

・中古車の価格帯:22万〜99.8万円(全グレード)

 じつは国内初となる5バルブエンジンを搭載したのが、6代目ミニカに設定されたスポーツグレード「ミニカ DANGAN ZZ」。この時点では旧規格時代なので、排気量は550ccながら最高出力は自主規制の上限でもあった64馬力を発揮。のちに新規格の660ccになったものの馬力はそのまま(最大トルクは7.6kgmから9.8kgmにアップ)。

 生産されてから30年を優に超えるだけに、やはりこちらのモデルも絶滅危惧種。プレミア価格どころか、そもそもタマ数自体がありません。手荒く扱われた個体が多かっただけに、売りモノとして残っていることが奇跡なのかも。

スバル・ヴィヴィオRX-R

・デビュー年:1992年3月

・中古車の平均価格:72.1万円(全グレード)

・中古車の価格帯:23.9万〜135万円(全グレード)

 バブル経済崩壊が鮮明となりつつあった1992年、スバルから1台の軽自動車がデビューしました。レックスの後継モデルと目された「ヴィヴィオ」です。当時を知る方であれば、人気絶頂だったCHAGE and ASKAの曲を起用したCMを覚えているはず。さまざまなモデルバリエーションが存在したヴィヴィオですが、スポーツグレードとして人気を博したのが、スーパーチャージャー付き4気筒エンジンを搭載したRX-R。このRX-RのためにCMが作られ、またジムカーナなどのモータースポーツでも活躍しました。

 そんなヴィヴィオRX-Rですが「探せば何とか買える」、絶滅危惧種一歩手前な状態。過走行でも、修復歴ありでも、ここ数年以内に決断した方が良さそうです。

まとめ:レスキュー前提! ラストオーナーになるつもりで

 クルマをどうしようとオーナーの自由。異論を挟む余地はありません。オーナーが身銭を切ったんですから。しかし、しかしです。いずれも絶版車。今回、ピックアップしたモデルはどれも30年選手。残っていること自体が奇跡かつ貴重な個体ばかり。今後、個体数が減ることはあっても増えるケースはまずありません。登録抹消していた個体が復活しない限りは……。すでにスクラップにされてしまったり、海外へと輸出されたしまった個体のなかの、貴重な生き残りなのです。

 保護猫の世界では「生涯愛育」を保障できる環境がないと猫を譲ってもらえません。「猫ってかわいい」というノリと勢いだけ飛びついて、いざ飼ってみたら手がかかるからやっぱり要らない……は許されない世界でもあるのです。猫には命があるけれど、クルマは機械。スクラップになったとしても、ひとつの工業製品がこの世から姿を消すだけ。ひとくくりにするなという意見もあるでしょう。

 貴重な生き残りの個体を生かすも殺すも次のオーナー次第。「レスキュー前提! ラストオーナーになるつもりで」くらいの意識付けがそろそろ必要な段階なのかもしれません。