運転支援装置「プロパイロット」はエクストレイルとの相性抜群

 ここ近年の、自動車における電子制御ソフトの進化スピードは目覚しいが、改めて今回もそれを実感した。昨年8月よりセレナから導入された日産の運転支援システム「プロパイロット」が今回試乗した新型エクストレイルにも採用されたのだ。

 そして触れてみるとわかる……たった数カ月ではあるがその制御内容、とくに渋滞走行に対する支援制御と速度コントロールのスムースさがより洗練されていた。しかもエクストレイルが備える景色が見渡せる開放的な着座位置の高さとも相まって、それを使ったときの気持ち良さや快適性も高く、リアルワールドでより積極的に使いたいと思わせる内容に仕上がっていた。

 そもそもプロパイロットとは何か? 今後も目覚しい進化をするだろうが、今時点では高速道路の同一車線を走る環境で、ドライバーに代わり、アクセル、ブレーキ、ステアリングの操作をクルマが支援してくれるもの。勘違いしないでほしいが、運転責任はドライバーにあり、幅寄せされるような割り込みを含めてセンサーが検知できない状況もまだあるので、運転しなくて良いなんて状況には絶対にならない。

 そんな中途半端な機能ならいらないとか、だったら自分で運転するから必要ないと思う方もいるだろうが、そんな極端な判断や食わず嫌い判断は幸せの放棄になるので辞めたほうが良い。

 なぜなら、支援と言いながらも、実際はかなり信頼して運転を任せられるレベルにある上に、その効果が想像以上に大きいからだ。しかもどのような機能もその作用や効果を踏まえてドライバーが「使いこなす」ことが大事。このプロパイロットも例外ではなく、苦手とするシーンや制御の癖を把握して使いこなせば、運転に伴う身体的かつ精神的な疲労度を大幅に軽減できる。

 具体的には、「”この”車間距離で割り込まれたらブレーキが強めに掛かるから事前に自身の運転操作で減速しよう」とか、「”あの”前走車との速度差は大きいので早めに穏やかなブレーキが掛かるように車間距離設定を長いモードに変更しよう」、さらには「”この”曲がり具合のカーブではハンドル支援だけでは曲がれないので最初から自分主導でハンドル操作しよう」といった具合に、プロパイロットにすべてを任せるのではなく、必要ならすぐに自分で運転する気持ちを持ちながら協調して運転するのが大事。

 しかもブレーキを踏んだりしてプロパイロットがキャンセルされても、ハンドルにあるボタン一つで容易にプロパイロットの再稼動が可能な手軽さも魅力だ。

運転の疲労度が少ないから出先で目一杯遊べる

 今回のエクストレイルは電気モーターを擁するストロングハイブリッドであることも関係するが、速度コントロールがとても滑らかで同乗者を含めて快適に移動が可能。とくに渋滞などの低速走行は見事だ。もちろん前走車が急な減速をした際には唐突にブレーキが掛かるなどギクシャクするシーンもないわけではないが、そのあたりは自身で運転していても同じだし、長めの車間距離設定で走っていれば車間距離を消費しながら速度コントロールしてくれるのでより穏やかに移動もできる。

 これがあれば、「この先○○km渋滞」という看板を見ても、時間がロスするのは嫌だが、運転自体に対して面倒とか疲れるといった精神的なストレスはあまり感じなくなる。それを踏まえると、激しい行楽渋滞に遭遇しやすい休日をクルマで移動する方や、GWや正月の帰省をクルマで行う方にも強くお勧めの装備だといえる。

 またプロパイロットを使うと、速度コントロールが穏やかで自然と燃費が良くなるが、このエクストレイルでは加えて回生ブレーキ力が15%高められたこと、さらにグリルシャッターが付いて空力性能が高められたことで、より燃費性能に優れた移動も期待できる。

 ほかにもプロパイロットを使いこなせれば、長距離移動したあとでもアクティブに動ける元気が残っているし、逆にアクティブに遊んだあとでも運転が苦にならない。さらにいえば、エクストレイルに採用される乗員の気がつかない範囲で駆動力とブレーキを使って車体の揺れを防いでくれるアクティブライドコントロールも、快適性と疲労度低減に寄与するシステムなので、プロパイロットとの相性が良い。

 今回のエクストレイルのマイナーチェンジ、顔つきも精悍になり力強さが高まるなど触れたい要素は多数あるが、やはり紹介したプロパイロットを新採用したことが大きな魅力であることは間違いない。