会話機能付きのナイト2000レプリカは日本に3台!

・ナイト2000(1982年〜 アメリカ 特撮テレビドラマ)

 クルマ好き以外の人も一度は目や耳にしたことがあるだろう映画シリーズ第2弾は「ナイトライダー」。「ナイトライダー。陰謀と破壊と、犯罪の渦巻く現代に甦る正義の騎士。ドリームカー・ナイト2000と共に、法の目を逃れる犯罪者たちを追う、若きヒーロー、マイケル・ナイト。人は彼をナイトライダーと呼ぶ。(中略)」という小林清志さんのナレーションが思い浮かばないだろうか。

「巨大な悪に立ち向かう現代の騎士ナイトライダー。今日、彼を待ち受ける者は果たして誰か…?」というオープニングナレーションからはじまった人気ドラマ。このドラマで、主人公のマイケル・ナイトの相棒として大活躍したのが、人工知能を搭載したドリームカー・ナイト2000だ。

 分子結合殻で覆われた特殊なボディを持ち、銃弾・衝撃・爆発などに耐えられる。その動力性能は、0-100km/h加速、0.2秒。ゼロヨン4.286秒。最高速480km/h。110km/hからの制動距離は4.2m。という設定。

 さらにターボブーストを用いると、水平距離15m以上のジャンプが可能。アナライザー(科学物質分析器)、レーダー、サイレントモード、監視モード、オイルスリック(車体後方から、オイルを噴霧)、自動運転、自動車電話、緊急脱出装置など、映画007シリーズのボンドカーもビックリな特殊機能が満載されていた。

 なかでも一番の目玉は、ナイト2000そのものと言っていい人工知能の「キット」=K.I.T.T.(Knight Industries Two Thousand)。人格があり、人間と会話が可能なのだ。ユーモアも解すが、礼儀正しく、基本的に実直な性格。

 フロントバンパーに組み込まれたナイトフラッシャー(スキャナーのセンサー部分)と、会話が連動しているのが何と言っても印象深い。

 現代のAI技術を先取りした形で自動操縦だけでなく、自分の意思でも走ることができ、iPhoneなどでおなじみの秘書機能アプリケーションソフトウェア=Siri(シリ)などは、ナイトライダーファンにとっては、「キット」によって、既視感のあるテクノロジーと言える。

ナイト2000のベース車両はファイヤーバード・トランザム

 そんなドリームカー、ナイト2000のベース車両は、GMのポンティアック・ファイヤーバード・トランザム(1982年製 5.7リッター)。エクステリアは、上記のナイトフラッシャーが最大の特徴で、そのほかは純正とあまり大きな違いはない。一方、インテリアは大改造され、航空機のようなステアリングに各種スイッチ・メーター類に囲まれていて、近未来感を演出している。

 今でも根強いファンが多く、レプリカやナイトフラッシャーなどの関連パーツも多数市販され入手が可能。今回撮影した一台は、かなり忠実に再現されたレプリカ車(シーズン3仕様 1990年式)で、驚くことに話しかけると「キット」の声で「はい、マイケル」などと答えてくれる!

 オーナーが独自に設定した機能で、なんと2000語ものセリフをインストール(MP3)。車外にもスピーカーでセリフを発することができるが、車内では音声認識機能と連動。実際に会話が楽しめるシステムになっている。

 無線マイクと組み合わせることで、車外からも「キット」と会話が楽しめるようにバージョンアップの計画も考えているという。この会話機能付きのナイト2000レプリカは、国内でも3台もあるかどうか……。ナイトフラッシャーが動くときも「ヒュン、ヒュン」という効果音が出る。

 ちなみに、「キット」の吹き替え声優を務めた野島昭生さんの声が録音されたカーナビや、クルマ用のセキュリティーシステムもあるとのこと。

 エンジン関係はノーマルだが、燃費は街なかでリッター5kmぐらい。トランザムはパーツ供給もしっかりしていて、維持は意外に難しくない。

 秋葉原に出没すると反響が大きく、たちまちヒーローになれるというナイト2000。1度は目にしたいクルマではないだろうか。

【画像ギャラリー】