偽装をしているが9月6日に公表する新型リーフに間違いなし!

 日産のEV(電気自動車)攻勢が加速する。ノートe-Powerが絶好調で、日産は久々に小型車クラスで国内販売ナンバーワンを記録した。e-Powerは発電用のエンジンが付いているが、動力としてみると電気モーターだけで走る完全なEVだ。このノート出現で、日本ではEVに対するアレルギーがかなり解消されている。
すでにEV関連では、アウトランダーやプリウスに続きBMW、ワーゲンまでもプラグイン・ハイブリッドPHEVを発売し「電気自動車は不安」というイメージは激減している。問題は純粋EVの場合、航続距離と値段との関係だ。

 そんななか、日産は世界でもっとも売れているEVのリーフをフルモデルチェンジ。新型は9月6日に公表すると発表した。その後、すぐに販売が予定されているが、WEB CARTOPでは、国内の公道で最終テストを行なっている新型リーフの姿をとらえることに成功! これまで国外で擬装された新型リーフの姿がキャッチされていたが、関東近郊を走るテストカーの姿をとらえたのは初めて。WEB CARTOPの新鮮なスクープである。場所は神奈川県の鎌倉市だという。

 新型の後続距離は、以前IDSと呼ばれるEVショーモデルの航続距離が500-550kmと発表されていたから、今度のリーフにはかなりの期待が寄せられていた。最新情報ではJC08モードで400km超え、実用電費で見ると300km程度になるというから、これなら日常ユースではほとんど問題ない。ひょっとすると、ノートe-Powerに続いて、大ヒットする可能性も高い。

 新型リーフはもう一つ魅力的な装備を載せてきた。セレナで話題になったプロパイロットだ。これは自動運転に近い運転支援システムである。まさに、最新テクノロジーで武装された日産渾身の新型EVだ。プロパイロットはセレナに続き新型Xトレイルでも装備されたことで、その実力が高く評価されている。

 プロパイロットは使い方さえ間違えなければ、極めて便利で安全な自動運転に近い装備だ。自動ブレーキはスバルのアイサイトが優秀で有名だが、最近の日産プロパイロットの自動ブレーキ性能はアイサイトに負けず素晴らしい。高速道路での運転サポートも、実用性も高い。高速道路を同一車線内で自動運転する機能を持っているのだ。

 さらに、自動駐車機能も大きく進化しているようだ。車庫入れの苦手な人には嬉しいシステムであろう。

 フルモデルチェンジでフロントグリルも大きく変わる。最近の日産車が採用しているVモーションと言われる精悍な顔に生まれ変わる。

  

新型リーフが大ブレイクすると急速充電器不足の問題も

 さて、新型リーフが売れて、沢山のEVが走るようになると、たちまち問題になるのが、急速充電器不足だろう。家庭でも充電できるが200ボルトの普通充電では時間がかかる。現在日本中に急速充電器は9000基程度設置されているが、とてもそんなものでは足らないだろう。特に行楽地や高速道のサービスエリアでの充電が心配だ。

 日本でもっとも利用客の多い東名高速の海老名サービスエリアを見ても、急速充電器は2台だけ。1台が20分も充電にかかっていたら、長蛇の列になるのは必至。現在の使用状況を見ていると「充電プラグをつないだまま、食事をしたり休憩したりで1時間も放置したまま」なんてEVオーナーも多い。充電マナーの向上も必要だが、そもそも充電器の数が少なすぎる。

 最近EVが急激に普及し始めた中国・北京のEV特別区のやり方を見習ってほしい。中国政府はEVの普及を見越して北京にEV特別区を制定、そこでは公共のバスやタクシーをはじめバイクなどほとんどが電気化されている。

 その街にある急速充電器は、1カ所に10基近い充電スタンドが並んでいて驚く。このくらいあると、EVが増えても対応できる。中国では近い将来を見越して、すでにこんなに充電インフラを整えているのだ。

 ともあれ、世界中に話題を呼びそうな新型リーフ。9月8日に詳しいスペックや価格が発表される。PHEVの話題も多い今年こそEV元年と言われることになるだろう。