これぞ無限! フィットがアグレッシブなスタイルに変身

 大幅改良でスポーティイメージがプラスされたフィットだが、ホンダのワークスチューナー「無限」は、その上を行くホットハッチに仕立てるアイテムを多数用意。

 エアロパーツはスポーティモデル用にバンパータイプ/アンダータイプの2デザイン、スタンダードモデル用にアンダータイプと計3タイプを設定。どれも新型に合わせて新設計されており、アグレッシブなスタイルに変貌させる。またスポーツグリルやエアロボンネットなどもラインアップする。

 バンパー下部に装着するリヤアンダースポイラーは、似ているようだが2つの異なるデザインを用意。リヤウイングもハイブリッド用(ホワイトボディ車)とドライカーボン製のアッパーウイング(オレンジボディ車)を設定する。

 また、テールゲートガーニッシュはダークグレー塗装され、リヤのスタリングを引き締めると共にカーボンアイテムとの統一感も考慮されているのだ。

 フロントに目を向けると、バンパースタイルのフロントバンパー(オレンジボディ車)は、まるでレーシングカーのような迫力だ。オプションでLEDフォグやイルミネーションを装備することもできる。

 ノーマル向けのアンダースポイラー(ホワイトボディ車)は純正バンパーデザインに合わせて、スポーティさをアップさせている。フロントグリルは純正交換タイプだ。

 さらにスポーツグレード向けのアンダースポイラーも揃う。

 レーシーな雰囲気を増すアイテムとして、エアロボンネットも用意される。もちろん見た目だけでなく、エアアウトレットはエンジンルームの熱を排出する役割を担う。さらにGFRP製で、ノーマルボンネット比で約2kgの軽量化にも繋がっている。

 機能系パーツはスポーツサイレンサー、スポーツサスペンションを用意するが、スポーツサスペンションはスポーツドライビングに応えるガソリン車用とバランス重視のハイブリッド用を用意。また従来から設定されていたアルミホイール「MD8」は、新型に合わせて17インチの新色“フラットブラック”を追加設定している。

 そのほか、インテリア用のアイテムも多数用意されるが、すべてのアイテムはホンダの販売店および無限パーツ取扱店で購入・装着できる。フル装着だと価格もそれなりだが、コンプリートカー相当に仕上げることが可能だ。

  

  【詳しくはこちら】

 (株)M-TEC
TEL:048・462・3131
http://www.mugen-power.com/