ステアリングリモコンからバックカメラまでセットで迷う必要なし

 トヨタ、ダイハツ車を新車で購入する際、メーカーオプションで定番となっているのが「ナビレディパッケージ」(トヨタ)/「ナビアップグレードパック」(ダイハツ)。バックカメラとステアリングリモコンがセットになったものだ。

 バックカメラはあとから付けると配線が大変だし、ステアリングリモコンは安全運転のためにも必須。どちらも本来はディーラーオプションのナビ用に設定されているものなのだが、じつは市販ナビでも使用できる。ただしその際はナビ用、バックカメラ用、ステアリングリモコン用……とそれぞれに接続用の配線を用意する必要があり、それが面倒だった。

 そこでオススメなのがストリートの取り付けキット。ナビ、バックカメラ、ステアリングリモコンの接続に必要な配線をセットにしたもので、カロッツェリアのサイバーナビ、楽ナビに対応するモデルが用意される。

 それぞれトヨタ車用が4タイプ、ダイハツ車用が2タイプ揃い、下の写真はトヨタ車にパイオニアのサーバーナビを組み合わせる「TR-1」だ。通常はこれらの配線を別々に買いそろえなくてはならない。

 ナビの配線に悩む前に、まずはストリートの取り付けキットをチェックしてみよう。

 また、パナソニックのポータブルナビ「ゴリラ」を使用しているオーナーに嬉しい3アイテムも登場。電源アダプターケーブルは、走行中にナビ操作ができるようになるアイテムで、走りながら助手席の乗員に目的設定などをお願いするといった活用方法がある。

 保護フィルムはタッチパネルの汚れ防止に役立つ。

 そしてモニターカバーは、夏の日差しからモニターを保護することが可能。この3つはゴリラを使用している人なら押さえておきたいアイテムだ。

 さらに、お手軽だが効果抜群のセキュリティアイテムも紹介したい。ドライブレコーダー装着表示ステッカーだ。防犯カメラの役割としても使用できるドライブレコーダーが増えていることから、このステッカーを貼っているだけでドラレコの存在を周囲にアピールすることができ、悪戯や盗難を減らす効果も期待される。

 最後に、マツダ車オーナー向けのアイテムとして、マツダコネクト用液晶保護フィルムがまもなく登場予定となっている。マツダコネクトはタッチパネル操作も可能なので、汚れ防止の意味でも注目してほしい。

今回紹介したアイテム

 STREET Mr.PLUS
トヨタナビレディパッケージ専用取り付けキット
TR1/2/3/4 価格:オープン
ダイハツ ナビアップグレードパック専用取り付けキット
TR5/6 価格:オープン

 パナソニック ゴリラ ポータブルナビゲーション用
電源アダプターケーブル+保護フィルム +モニターカバー 3点セット
7V型ワイド 専用 GS-41(価格:オープン ※実勢価格3500円前後)
5V型ワイド 専用 GS-42(価格:オープン ※実勢価格3500円前後)

ドライブレコーダー装着表示ステッカー
DR-1/2/3/4

マツダコネクト用液晶保護フィルム

【詳しくはこちら】

ストリート
電話:03・5305・5753
http://www.street-automotive.com/