標準装備されているものを減らすのが「レスオプション」

 オプションと聞くと、例えば自分の希望する車種の希望するグレードに標準装備状態に加え任意選択て追加選択可能な装備について追加料金を払って装着していくイメージが強いと思う。

 ここで注意したいのがオプションにはメーカーオプションとディーラーオプションというものが存在すること。ディーラーオプションについてはオーディオやカーナビも含めてアクセサリーのようなものが対象で、ディーラーにて装着するものとなる。一方のメーカーオプションは自動車メーカーの生産工場のライン上で装着するもので、メカニカルなものが多く、ディーラーオプションとは異なり納車後の後付けは不可能となる。

 オプションという言葉からは“追加していく”というイメージもあるが、メーカーオプションに限って言えば、“装備を削る”というイメージの“レスオプション”というものも存在する。

 例えばトヨタ・プロボックスでは、全車標準装備となっているアイドリングストップやトヨタセーフティセンスC(衝突回避支援パッケージ)そして一部廉価グレードを除き標準装備となっているAM/FMラジオがレスオプション設定されており、これらを取りはずすことが可能となっている。

 当然装備を削るので、例えばトヨタセーフティセンスCについてレスオプションを選択した場合には税込みで5万4000円が減額されることになる。

 バブル経済のころラジオはついているが、カセットデッキなどのオーディオ関連がオプションという車種が大半であった。しかし装着率が非常に高くなったので、その後は中間から上のグレードなどについて標準装着化を進める車種が増えていった。

消費者ニーズの多用化により装備を自分で選ぶ時代に

 しかし消費者ニーズの多様化やカーナビゲーションの普及により、“自分の好みのシステムを装着したい”という声が多くなり、かえって標準装着化が足かせとなり、ステーションワゴンやSUVなど趣味性の強い車種を中心にオーディオレスを標準状態とする車種が増えた。その一方で高級イメージを売りにするクルマの上級グレードなどでは、標準装着状態を続けながらオーディオレスオプションを設定する車種も増えてきた。

 現在の傾向としては、今どきの新車の標準装備の内容は以前よりは抑え目となっており、メーカーあるいはディーラーオプションにより、お客自らが必要とする装備を“付け足していく”というイメージが強くなっている。そのためレスオプションというものは、あまり見かけなくなってきている。

 一部高級車を除き、いまだにハロゲンヘッドライトが標準でHIDやLEDのヘッドライトがオプション設定されている車種が多いのも、その一例といえるだろう。ヘッドライトもレンタカーなどの事業用や、法人の営業用ではわざわざコストアップとなるHIDやLEDヘッドライトは敬遠されるので、一元的に統計をとるとHIDやLEDヘッドライトの装着率はわれわれが思っているほどは高くないので、標準装着せずにオプション扱いとなっているようである(降雪地域を考慮しているという理由もあるようだ)。

 またオプションを細かく増やすことは、生産工程を増やすことになり、オプションコードが増えるとコストアップにもつながるので、複数のオプションを一括装着する“セットオプション”というものも主流となっている。そのようなこともあり、今ではレスオプションを設定する車種は少なくなっている。