究極の静粛性と至高の乗り心地を実現

ロールス・ロイスの、そして世界の頂点に立つ超高級サルーン「ファントム」が14年ぶりにフルモデルチェンジ。すべてが新設計された8代目がワールドプレミアを果たした。

92年の歴史を持ち、BMW傘下となってからは2世代目となる新型「ロールス・ロイス・ファントム」は、新設計のオールアルミ製スペースフレームのプラットフォーム「アーキテクチャー・オブ・ラグジュアリー」を初めて採用。先代より軽量化しつつボディ剛性を30%高め、乗り心地、静粛性、居住性の向上に加え、エクステリアの存在感を高めている。

なお、ロールス・ロイスのエンジニアリング・ディレクターであるフィリップ・コーエン氏によれば、この「アーキテクチャー・オブ・ラグジュアリー」は新型ファントムのみならず、ロールス・ロイス初のSUVとなる「プロジェクト・カリナン」をはじめ、次世代の「ゴースト」、「レイス」、「ドーン」にも用いられる計画となっている。

サスペンションはフロントがダブルウイッシュボーン、リヤが5リンク式で、これに四輪操舵システムと最新世代のセルフレベリングエアサスペンションを搭載。電子制御式ショックアブソーバー調整システムにより、ボディの加速度、ホイールの加速度、ステアリングの操作状況、車載カメラからの情報を利用して毎秒数百万回減衰力を調整するだけではなく、100km/h以下で走行中はフロントガラス上部に装着されたステレオカメラで路面の状況を把握し、フィードフォワード制御を行うことで、操縦安定性を高めながら「魔法の絨毯」と呼ばれるロールス・ロイスならではの乗り心地を確保した。

静粛性についても、厚さ6mmで2層のツヤ出し処理、重さ130kg以上の遮音材、鋳造アルミ製ジョイント、高性能の吸音素材を車両全体にわたり採用するなど、極めて入念な対策が施されている。 スペースフレームのフロアとバルクヘッドに二層式の合金製スキンを採用しつつ、その間にヘビー・フォーム(重さのある発泡素材)とフェルト層を挿入して、路面からの騒音を遮断。ヘッドライナー、ドア内部およびトランク内部の空洞部分には高吸収素材の層を設け、残響音を低減した。

さらに、内側に発泡体の層を形成し空洞共鳴音を抑える22インチの「サイレント・シール」タイヤを採用して、タイヤ全体から発生する騒音を9db減少させている。そして車両全体では、100km/h以下の騒音レベルを先代より約10%低減した。 6.75リッターのV12ツインターボエンジンも新たに設計され、563馬力の最高出力に加え、900N・mの最大トルクを1700rpmで発生。これにZF製8速ATと「サテライト・エイデッド・トランスミッション(SAT)」が組み合わされることで、国家行事に参列する低速走行時の静粛性と、緊急時に必要とされる俊敏な加速力を両立させている。

予防安全技術も充実しており、アラースネス・アシスタント、パノラミック・ビューおよびヘリコプター・ビューを含む全方位視野システムを可能にする4カメラ・システム、ナイト・ビジョンおよびビジョン・アシスト、アクティブ・クルーズ・コントロール、衝突警告、歩行者警告、交差交通警告、車線逸脱および車線変更警告などのアシスタント・システムを設定。

さらに、7×3インチ高解像度ヘッドアップ・ディスプレイ、WiFiホットスポットのほか、最新のナビゲーションシステムやエンターテイメントシステムなども搭載している。

ダッシュボード上部にはアート展示スペースも

「アーキテクチャー・オブ・ラグジュアリー」の採用によって目に見える継ぎ目がほとんどなく、アルミの固まりから切り出したかのような印象を与えるエクステリアは、手作業で磨き上げられるステンレススチール製「パンテオン・グリル」を先代より高く持ち上げながら、初めて周囲のボディと一体化。頂部中央の「スピリット・オブ・エクスタシー」は、先代比で約1インチ高い位置に鎮座された。

また、内側を曇りガラスとしたレンズに、外周全体を覆うリング状のデイタイムドライビングライトが観る者の目を引くヘッドライトには、「レーザー・ヘッドライト・システム」を搭載。夜間に600m以上先の路面を照らすことを可能としている。 サイドビューは歴代ファントムが伝統とする2:1の比率、フロントが短くリヤが長いオーバーハング、直立したフロント・エンドと流れるようなリヤ・エンドを堅持。一体式のサイドフレームフィニッシャーは手作業で磨き上げられたステンレス製で、エクステンデッド・ホイールベース(EWB)仕様にはさらに、1ピース式のステンレススチール製ストリップが装着される。

リヤまわりは1950〜60年代のモデルを想起させる流麗なルーフラインに、リヤガラスをステンレス製フレームで覆うとともに、初期のファントムと同じくトランクととはっきりわかる形状のトランクリッドを採用。その下端にはフロント・グリルと対を成すデザインのステンレススチール製フィニッシャーが与えられ、車両後部の気流を整える役割も果たしている。

「コーチ・ドア」と呼ばれる観音開きドアのドアハンドルにはセンサーを内蔵。助手や駐車係が軽く触れると、「エンブレース(抱擁)」としたコンセプトのとおり、乗員を優しく包み込むようにドアが閉まるよう設計された。

より快適性を高めるために手作業で製造されるシートには、幅の広さや快適性を強調すべく、上部に水平のラインが入る新デザインを採用。前席背面のカナデル・パネリングには、ボタン一つで展開・収納できる電動式リヤピクニックテーブルおよびリアシアターモニターを組み込んでいる。 後席には多彩な選択肢が用意され、より寛げるラウンジシート、格納式アームレスト付き個別シート、固定式センターコンソール付き個別シート、新たに導入されたスリーピングシートを設定。

固定式リヤセンターコンソールには、ウイスキーグラスやデカンター、シャンパンフルート、クールボックスを備えたドリンクスキャビネットが組み込まれるなど、大幅に機能が強化された。 さらに、シートヒーティング機能と連動する「ヒーテッド・サーフェス」付き「ファントム・スイート」には、フロントドアアームレスト、フロントセンターコンソールリッド、Cピラー下部、個別シートのすべてのリヤサイドアームレスト、リヤセンターアームレストなど、室内を全面的に温める機能がプラスされる。

「ギャラリー」をコンセプトとする直立したダッシュボードには全幅にわたり強化ガラスが用いられ、そのなかにクローム製フレームで囲まれた計器類やアナログ時計、宝石類を配置。さらに、ナビやドライバー・アシスタンス・システムを表示するLEDバックライト付き12.3インチTFTカラーディスプレイが装着された。

そして、ダッシュボード上部はアート展示スペースとされ、その強化ガラスの内側に、中国の有名なアーティスト、リャン・ヤンウェイ(Lian Yangwei)による秋の英国・サウス・ダウンズの風景にインスパイアされた油絵、ドイツのプロダクト・デザイン界の前衛作家、トルステン・フランク(Thorsten Franck)によるオーナーのDNAを3Dプリントで印刷した金メッキのプレート、世界的に有名な磁器メーカー、ニンフェンブルク(Nymphenburg)による手作りの陶器製のバラの茎、または英国の若手アーティスト、ヘレン・エイミー・マレー(Helen Amy Murray)の抽象的なデザインが施されたシルクなどを装着することが可能となっている。

最先端の自動車技術に贅を尽くした内外装、さらにはアートまで内包した、新型8代目ロールス・ロイス・ファントム。日本での発表予定はこの年末、政財界や芸能界の頂点を極めた真のリーダーたちにとって、最高のクリスマスプレゼントとなるに違いない。