思い切りよく加速することが基本

 行楽シーズンの高速道路では、インター、あるいはSA・PAから本線に合流するときに、かなり苦戦しているクルマをよく見かける。それなりに運転経験がある人でも、普段は街乗りオンリーで、高速道路に乗るのは年に数回といった人にとっては、この高速道路での合流が鬼門となるのだろう。高速道路の合流が厄介なのは、簡単にいえば、高速道路本線を流れるクルマの速度が速いから。

 本線上を走るクルマの流れは、乗用車でおよそ時速100キロ。大型トラックなどでも、時速80キロぐらいで走っている。合流という作業は、その流れの隙間に入り込んでいく作業なので、本線の流れを妨げない速度で進入するのが何より肝心。逆にいえば、高速道路の合流が苦手になる最大の原因は、合流前の加速不良と言えるだろう。

 高速道路に不慣れなドライバーは、普段、一般道で速くても時速50〜70キロぐらいの速度しか体験していない。必然的に時速70キロぐらいに達すると、十分「高速」と感じはじめてしまうだろうが、高速道路の流れ=時速100キロ=秒速27.7メートルと、時速70キロ=秒速19.4メートルでは、1秒間で8.3メートルも進む距離が変わってくる。

 つまり、1秒前にバックミラーで確認したクルマが、1秒後には8.3メートルも接近しているわけで、その速度差を計算して間合いを測り合流するのは、誰がやっても容易ではないということ。

 では、どうすれば簡単に合流できるかというと、本線を走るクルマと、これから合流する自車との相対速度差をゼロにすればいい。より実践的にいえば、本線の走行車線(一番左側の第一車線)を走るクルマより、10%ぐらい速い速度まで加速レーンで加速して、加速レーンのはじまり付近で並んだクルマより、少し前に出るようにして合流するのが一番簡単!

 通常、第一走行レーンには、時速80キロで働く速度リミッター付の大型トラックなどが多く走っている。普通の乗用車なら、加速レーンでアクセルを目一杯踏んで(床まで踏んで)加速すれば、加速レーンの2/3ぐらいまでに、時速100キロほどまで加速できる。

 そこで一度サイドミラーで本線を走るクルマの位置を確認し、時速100キロなら時速100キロをキープしたまま、加速レーンの一番先まで直進し、合流直前に今度はミラーではなく、直接目視で本線のクルマの位置を確認して合流すればOK!

4つのポイントを意識すればスムースに合流できる

 合流が苦手な人ほど、加速レーンの長さを半分も使わずに、より早く本線に合流しようとし、また、サイドミラーで確認した本線を走るクルマの後ろに入ろうとする傾向がある。じつは、その二つこそ、合流を難しくしている要素なのだ。スムースかつ安全に合流するためには下記のとおり。

①合流レーンに入ったら、時速100キロを目指してフル加速。AT車なら、遠慮なくアクセルを床まで踏む。少々エンジンの回転数は高くなるが、コンピュータがギヤと回転数を制御するので、エンジンや車体にはまったくダメージはない。むしろ高速道路の合流ぐらいは、エンジンを全開で回したほうが、エンジンの調子は確実に良くなる。MT車でも、3速ぐらいのギヤで思いっきり加速する。

②加速開始と同時に、ミラーで、本線を走るクルマの位置と速度をチェック。

③大型トラックなど、比較的ゆっくり走っているクルマを見つけ、そのクルマを追い抜くようなつもりで加速する。

④合流する前に、目視でもう一度本線のクルマの位置を確認し、合流車線を最後まで使い切るようにして、目標にしたクルマの前に、車間距離を十分取りながら合流する。とにかく、十分加速して、自分が合流したことで、本線を走るクルマにブレーキを踏ませたりしないようにするのが、大きなポイント。

 状況によって、本線を走るクルマと並走するようになった場合は、そのクルマの後ろに入るというパターンでももちろんOK。

 いずれにせよ、ある程度の想いっきりのよさは、合流には必要。合流車線に入ったときから、ウインカーを出しっぱなしにし、何度も走行車線側に顔を向け、「お願いします」と片手を上げるようなしぐさをする暇があったら、しっかり前方を見て、思いっきり加速する方がはるかに肝心。

 合流される本線側のドライバーからすれば、加速車線をノロノロ走って、優柔不断そうなクルマに前に入られるのは「勘弁」という気持ちにもなるので、愛車の動力性能をいかんなく発揮し、本線の流れを乱さない、スマートな合流を心がけよう。