世界に150台の最新ランボルギーニも拝める

 ヘリテージカーの祭典として、昨年からはじまったオートモビルカウシルが、2017年8月4日から千葉県の幕張メッセで開幕。ヘリテージ=「遺産。継承物。また、伝統。伝承」にふさわしい、国内外の多数の名車がここに集結した。

 ロータリー誕生50周年を迎えたマツダは、コスモスポーツからルマンを制した787Bまで、歴代の主なロータリー車を展示。同時に「初代NA型ロードスターのレストアサービス」を2017年末から受付を開始する発表があった。

 日産は、「時代の最先端デザイン」をテーマに、ジャバンニ・ミケロッティがデザインした1960年式プリンス・スカイライン・スポーツクーペや、初代シルビアを。スバルは名車スバル360とスバル1000を持ち込んでいる。

 ホンダは、「スーパースポーツの系譜」と題して、新旧NSXを並べ、トヨタはプリウス誕生20周年を振り返るという企画。ハイブリットの元祖ともいえる、ガスタービンハイブリットの実験車両=トヨタ・スポーツ800も用意され、これは必見といえる。

 輸入車でも、ヘリテージカーのレストア・販売を専門的に行うガレージ=「ボルボ・クラシック・ガレージ」を立ち上げたボルボが出展。

 そして、80年代のWRCで一時代を築いた「アウディ スポーツ クワトロ S1」と、「アウディ スポーツ クワトロ」と「アウディ クワトロ」(初代)を持ち込んだアウディは、今秋発売予定の新しい「RS 5 クーペ」をこの会場で日本初公開!

 メーカー以外にも、ヘリテージカー販売店の出展もあり、ランボルギーニは「ウラカン ペルフォルマンテ」を一般初公開。フェラーリ、ポルシェ、ベンツ、シトロエン、ランチャ、アルファロメオ、レンジローバー、アストンマーチン、マセラティ、ロールスロイスなど、貴重な名車の展示と販売も行われている。
何年経っても色褪せることのないヘリテージカーを眺めつつ、カッコいいクルマとは、そして愛され続けるクルマの条件とは、といったことを考えてみるのもいいのでは?

 AUTOMOBILE COUNCIL 2017 (オートモビルカウンシル)

 テーマ:CLASSIC MEETS MODERN(クラシック ミーツ モダン)

 2017年8月4日(金)〜8月6日(日) 9:00〜18:00 ※ 最終日のみ17:00迄

 会場 幕張メッセ(千葉市美浜区中瀬2-1)

 【詳しくはこちら】

 http://automobile-council.com/